« 韓さんへ | トップページ | 視点がいひね »

2010年8月10日 (火)

一時的に年金振り込み止めろ

すんごいですね~
今までおホザキしてゐませんでしたが、ここまで来るとさすがにおホザキしたくなります。
受取人の年齢も確認せづに「生きてゐる」と信じてせつせと年金を振り込んでゐたのか知りませんが一度すべての人に年金の振り込みを止めて、ほんたうに振り込みが必要な人には直接役所の窓口に来てもらつたらいかがでせう?
国民の怒りを買ふのは予想できますが、「ゐない人」に年金が振り込まれてその分掛け金が上がるのはもつと国民の怒りを買ふはづです。
その点を上手に説明して、理解を得て年金をムダにしないやうに即座な行動をすべきです、長妻さん。
【所在不明高齢者】105人発覚の神戸市「震災で…」 “国内最高齢”125歳の住所は公園
2010.8.10 14:18
このニュースのトピックス:家族・少子高齢化
沈痛な面持ちで記者会見する神戸市の担当者=10日午前、神戸市役所(木ノ下めぐみ撮影)
 100人を超える所在不明の高齢者がいることが10日明らかになった神戸市。会見した広瀬万希子・高齢福祉課長は「決して少ない数字ではないと認識している」と沈痛な面持ちで話した。大量発覚の原因としては「区役所と市との連携が取れていなかったことや、阪神大震災で居住者が住民票を残したまま他の場所に移り住んでいることなどではないか」とした。
 生存していれば、“国内最高齢”となる125歳の東灘区の女性のケースでは、住民登録されていた場所は昭和56年に市営公園が建設されており、「いつからかは分からないが、福祉課では以前から所在不明であることは分かっていた」(東灘区市民課)という状態。同区の健康福祉課の担当者は長期間所在不明を確認していたが、住民基本台帳への登録などを行う市民課へ報告していなかった。
 また、情報は市の高齢福祉課にも報告されておらず、区役所内の「ヨコ」と区・市間の「タテ」ともに連携が取れていなかった。
 東灘区の担当者は「区役所内で各課が相互に連絡し、情報を反映する手続きが確立されていなかった」と話しているが、同区に限った問題ではなく、「市内の各区役所と市の間で連携が取れていなかった」(市高齢福祉課)という。

|

« 韓さんへ | トップページ | 視点がいひね »

経済・政治・国際」カテゴリの記事