« やはりおかしい、民主党 | トップページ | 嘘を延々吐いてきた嘘つき民族半島南が日本国に謝罪してください »

2010年8月12日 (木)

また「大阪市」

大阪市は、一体何をしてゐるのであらう?
大量に生活保護をろくに審査もせづに(としか見へない)決定したと思つたら、こんな「放置」が出てきた。
大阪市もまた、税金を無駄にする団体としか思へない。 これで財政赤字とは、聞いて呆れる。
財政はほんたうはどこかにあるんぢやないのか?
【所在不明高齢者】大阪市64人…48人把握も放置 127歳は住民登録も44年前に死亡届
2010.8.12 12:22
このニュースのトピックス:家族・少子高齢化
 全国で100歳以上の高齢者の所在不明が相次いでいる問題で、大阪市は12日、住民基本台帳上で市内在住とされる100歳以上の高齢者のうち、64人の所在が確認できないと発表した。西成区など4区で以前から計48人の所在不明を確認していたが、本庁には報告せず放置していたという。
 また市によると、記録上では国内最高齢となる127歳の男性が西成区住民登録されていたことも判明したが、その後の調査で、この男性は昭和41年に死亡届が浪速区に提出されていたことが判明。本籍地の大淀区の戸籍は抹消されていたが、現住所の西成区住民登録は残されたままだった。原因は不明という。
 市は、今年9月15日時点で100歳以上の809人のうち、過去2年間に介護保険の給付実績がない108人について緊急の訪問調査を進めていた。
 調査の結果、以前に4区で計48人の所在不明を確認しており、うち西成区は45人と突出していた。いずれも平成12年の介護保険制度導入時に所在不明を把握していたが、区の保健福祉センターから住民情報担当に連絡されず、住民票を抹消する「職権消除」の手続きを怠っていた。
 住民登録上では127歳の男性についても当時、住所地が道路予定地の更地だったことが分かっていたという。
 所在不明者64人のうち、外国人登録者は19人。所在不明を理由に外国人登録を抹消することはできないという。

|

« やはりおかしい、民主党 | トップページ | 嘘を延々吐いてきた嘘つき民族半島南が日本国に謝罪してください »

経済・政治・国際」カテゴリの記事