« シロ豚に告ぐ To White pigs, | トップページ | 十分予想できたことだけど »

2010年8月30日 (月)

男の作家が書く、「性行為描写」

某作家の書いた小説を読んだ。
この作家だけでなく、男性作家が書く「性行為描写」には似たやうな特徴が見られる。
似たやうな特徴は次のごとくである。
壱、 殆どの女の体験が浅く、男により「女にされた」「女になつた」と書いてある。
弐、 男の技巧が「上手い」ものだといふ前提である
参、 女が内心しらけて演技をして「男の体面」を保つてやつてゐる可能性を少しも考へてない
四、 性行為の回数を重ねるごとに「女にされた」女の振る舞いが大胆になる描写である
その他言ひだしたらキリがないが、上記が殆どの男の書く性行為描写の特徴であり、
男の一方的妄想にしらける。

|

« シロ豚に告ぐ To White pigs, | トップページ | 十分予想できたことだけど »

だうでもいひ話」カテゴリの記事