« 綺麗ごとを目指す「何でもかんでも除菌政策」止めたら? | トップページ | 一緒に酒を呑みたい人 »

2010年8月13日 (金)

マスゴミの酷さを露呈した事件だつた

マスゴミの酷さは、前から実感してゐたがこのおにゅーすが放映されたときに
心の底から、
疲れた
・・・・・・
「速報」とされたこの記事
「速報」の意味がどこにあるのか? 
更にすごかつたのは、この捕獲に関し現場におびただしい数のマスゴミが集合し、
籠を持つた警官を追いかけてゐたが、大名行列のやうに警官の後にカメラを頭上にかざしながら追いかけてゐた 
・・・・・・
そんなに、真剣に追いかけるおにゅーすなの? 猿を入れた籠を持つた警官の画がそんなに重要なの?
見ないと抗議が来るやうなものなの?
理解ができん。
それから更に理解ができん内容のおにゅーすは、「渋滞してゐる」道路をマスゴミの車が走り、何時間かかつたかの放送をしてゐるものである。
・・・・・・
あのね、世間は真剣に目的地に向かつてるのよ。
世間は真剣に渋滞に困つてるの。
なのに、なんであーたらが「わざわざ」車を出して「渋滞の車の数を増やす」ことをしてゐるわけ?
信ぢられません。 これは、地震で被害が出て大変な人たちに「わざわざ」お電話して「被害はだのやうでしたか?」と片付けや真剣に状況を心配して電話してゐる人たちの邪魔をしてゐるのと同様である。
マスゴミは、世間の邪魔をしたいのであらうか? こんな下らないことで大騒ぎをするくせには、ちつとも「第四の勢力」とかホザく監視の役目を果たしてゐない。 猿の行方とかどのくらい時間がかかつたとかそんなことは公共の電波で流さなくていひから、世間が入り込めない世界を「マスゴミの特権」で入り込んで放送してくれ。 それがあーたらの存在価値だ。
東京都内駆け回ったサルついに捕獲
2010.8.13 18:41
このニュースのトピックス:変な事件
 東京都内各地で目撃情報が相次いで寄せられていたサルが13日、ついに捕獲された。台東区今戸の民家倉庫に入り込んだところを”包囲”され、午後6時前に警視庁から要請を受けた上野動物園の職員が麻酔銃などを使って捕獲。サルは上野動物園に保護されるという。

|

« 綺麗ごとを目指す「何でもかんでも除菌政策」止めたら? | トップページ | 一緒に酒を呑みたい人 »

だうでもいひ話」カテゴリの記事