« 実例 「恥知らづの嘘つき乞食民族」 | トップページ | タッキーコンサート2010 »

2010年8月20日 (金)

日本の子供が一番嫌うのは「大人の嘘」

日本人は、子供に「嘘を吐くな」と教へますが嘘つき乞食民族は子供に「嘘を吐け」と教へるやうです。 
そんな見本の紹介のやうなおにゅーすだなあと思ひながら読みました。
「消費税引き上げ、納税者としてどう?」 子供の質問に財務相たじたじ 
2010.8.19 18:42
 「いまの経済情勢について、どう思ってるんですか?」「消費税を10%に引き上げることを納税者としてどう思いますか?」
 野田佳彦財務相は19日、夏休みの小中学生中央官庁の仕事を見学させる「子ども霞が関見学デー」に合わせて行われた子供“記者”団とのミニ会見で、鋭い質問にタジタジとなる場面があった。
 ミニ会見には22人が参加。最初は「あんまり緊張しなくていいんですよ」と優しく笑みを浮かべる野田財務相だったが、やりとりは次第に熱を帯びた。
 消費税増税について問われた野田財務相は「納税者としては税金は安い方がいい」と消費者としての心情を吐露。さらに「いきなり10%の数字ありきではなく、ぞうきんから一滴の泥水も出ないぐらい無駄をなくしたうえで、社会保障の負担を国民にお願いする手順が必要だ」と述べ、増税論議が先走りすぎたことを認める形になった。
 一方、862兆円に膨らんだ日本の債務について「長い間作ってきた借金をじゃあ誰が返すのかというと、いまの有権者じゃない。皆さんです」と、次世代を担う子供たちに財政再建への理解を求めた。←自分ら民主党が財源も考へづに「外国人への多量のばらまき」を行なつてをきながら、「皆さんです」とは恐れ入る。こいつは、子供の能力を完全にナメてるな。この一言で子供に嫌はれたことは間違ひない。
 また、巨額の借金を分かりやすく説明するため、1兆円を1万円札で積み重ねると重さが100トンに上ると“豆知識”を披露した上で、「私は0・1トンもありません。100トンってすごいでしょ?」と柔道有段者の大柄な体をネタにするのも忘れなかった。←民主党が日本国に返還する分の説明か? 子供へのツケを自分らで作つてをきながら、子供へのウケ狙いをしたと思はれるが、子供は馬鹿な大人が考えるよりもずつと「大人」である。 感心するフリで「ばか!」と内心思つてゐることは間違ひない。完全に、子供の姿をした人間をバカにしてゐるな。

|

« 実例 「恥知らづの嘘つき乞食民族」 | トップページ | タッキーコンサート2010 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事