« トルコ土産 RAKISI | トップページ | 馬鹿な民主党!! »

2010年8月 7日 (土)

ほんたうに国民無視だな、民主党は

しみぢみ、呆れますね。民主党には
「大義名分は衆院選マニフェスト堅持」つて、衆院選直後からマニフェストが嘘になつてゐたではありませんか。
菅氏が今の党首だから、菅氏が悪いやうなことを同ぢ党内でやつてゐるが、最初に衆院選マニフェストの内容を翻へしたのは、鳩山とあーたらの大好きな汚沢ですよ。今更何をおホザキなのでせうか?
それとも、暑さと新しい議員会館のシツクハウスだかで完全におかしくなつてしまわれたのでせうか?
元々政局を操れない、政治的常識も人間的常識も無い嘘つき民族集団の民主党。
まともな日本国民は、誰もあなたがたに期待をしてをりませんので、さつさと政権から降りてくださいませ。
一番許せないのは
自民党の酷さに呆れて、真剣に期待をして民主党に投票した人たちの「真摯な気持ち」を早々に裏切つたことです。
民主党のこれまでのすべての行ひを懺悔して国民に謝罪して直ちに解散総選挙を行なつてくださいませ。
民主代表選 反菅勢力の動き拡大 予想上回る人数 大義名分は「衆院選マニフェスト堅持」 (1/2ページ)
2010.8.7 01:50
このニュースのトピックス:民主党
 民主党の海江田万里衆院財務金融委員長が9月の党代表選に出馬したい意向を示したことが明らかになった6日、菅直人首相の再選に批判的な勢力の動きがさらに拡大した。国会内では、小沢一郎前幹事長に近い山岡賢次副代表らが呼びかけた150人規模の集会と、鳩山由紀夫前首相を講師に招いた衆院1回生議員約100人の勉強会が開かれた。いずれの会合も、鳩山・小沢体制下の昨夏の「衆院選マニフェスト政権公約)堅持」がキーワードとなった。小沢氏に近い議員が動員に努め、臨時国会の閉幕で議員が地元に帰るのを前に「小鳩枢軸」による数の力を誇示した形だ。
 2つの会合に出席した議員の数は菅首相を支える勢力にとっては予想以上で、「掛け持ちが多かったろう」(幹部)と分析するが動揺は隠せない様子だ。
 民主党の国会議員は413人。山岡氏らが主導した「09政権マニフェストの原点に帰り『国民の生活を守る』集い」には、議員150人、代理出席の秘書ら42人が顔を出した。
 小沢グループの中堅議員は会合後、「菅首相への党内の不満の大きさを数で示せた」と語った。
山岡氏は会合で「(衆院選)マニフェストの原点に返り、実現する政権基盤をつくらなければならない。党内も一新していかなければダメではないか」と強調。鳩山氏側近の中山義活首相補佐官は「昨年のマニフェストの約束を破れば、国民に『うそつき』といわれる」と語った。
 平野博文前官房長官も「(参院選敗北の)けじめをつけてこそ次のステップが生まれる」と述べ、菅首相を牽(けん)制(せい)した。
 一方、小沢氏に近い1回生議員が呼びかけた「真の政治主導を考える会」(会長・村上史好衆院議員)の設立総会にはこの日、1回生144人のうち98人が出席。講師となった鳩山氏は「党のみんなが原点に返らなければならない大変大事な時を迎えている」と訴え、消費税増税などで衆院選マニフェストを修正した菅政権を牽制した。
 鳩山氏は菅首相の再選を支持しているが、挙党態勢の構築など、条件付きの支持にとどめている。
 反菅勢力が政策面での旗印として掲げているのが、鳩山代表・小沢幹事長体制が作った衆院選マニフェストの堅持だ。
 だが、平成23年度予算を編成しなければならない菅首相にとって、歳出増を招く衆院選マニフェストへの全面的回帰は不可能だ。
 小沢氏や小沢氏を支持する一新会議員らが招待された19日の鳩山グループの研修会は、菅首相批判の合唱の場になりかねない。菅氏の厳しい政権運営は続きそうだ。 (斉藤太郎)

|

« トルコ土産 RAKISI | トップページ | 馬鹿な民主党!! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事