« 流石「嘘つき乞食民族」特有の神経だ | トップページ | リモコンの汚れが原因!? »

2010年8月25日 (水)

自民党のはうがはるかにマシだつた

民主党、早解散総選挙して解党して日本からでてけ!! 
ひたすら、オマエらの給金は税金のムダ!!
「主張」に全面賛成。
汚沢の暴言、問題外。人間として最低。
株価がこんなに下落とは!! 民主党と社民公明など、日本の役に立つてない政党への
税金投入、無駄な子供手当てを止めて節税と政権交代しろ。
今までの人生で、こんなに酷い政党政権無いよ! 史上初の最低さだよ!
てか
かういふ政党をほつたらかしにしてゐる自民党は何をしてるんだ。同罪だ
【主張】菅経済対策 無策に危機感なく国滅ぶ (1/2ページ)
2010.8.25 02:49
このニュースのトピックス:主張
 菅政権の経済政策で問われているのは円高・株安にいかに立ち向かうのかという決意と具体的な処方箋(せん)である。
 しかし、24日の円相場は一時1ドル=83円台に上昇、東京市場の平均株価は1年4カ月ぶりに9000円を割り込んだ。前日に行われた菅直人首相と白川方明(まさあき)日銀総裁の電話会談でも、具体的な円高対策が何ら示されなかったからだ。
 円高はようやく回復しつつある企業業績を圧迫し、景気回復に悪影響を及ぼしかねない。輸入価格の下落を通じてデフレ脱却を一段と難しくする。政府・日銀には景気が二番底に陥らないよう、緊密に協調するとともに、スピード感ある政策対応が求められる。
 首相と総裁は、なぜ直接会わないのか。しかも会談は約15分という短さだった。仙谷由人官房長官は「現時点の経済金融動向をみると電話がもっとも適切だと判断した」と説明したが、かえって政府・日銀の足並みの乱れと危機感のなさを露呈し、それが市場に失望感を与えた。
 政府・日銀のコミュニケーション不足には重大な懸念を抱かざるを得ない。自民党政権下では日銀総裁がメンバーの経済財政諮問会議があった。民主党政権はそれを廃止したため、経済閣僚らも含めた議論の場がなくなった。
 これでは緊密な意思疎通が図れるはずがない。なにより誰が経済政策のかじ取りに責任を持つのか。本来、その司令塔となるべき首相の存在感が見えてこない。
 首相も総裁も3カ月に1回などと悠長なことをいわず意見交換すべきだ。財務相や経済財政担当相が景気認識を一致させるのは当然のことだが、政府与党内の横断的議論を活発にし意思決定メカニズムを明確にする必要がある。
【小沢氏講演】「米国人は単細胞」「利口と思わない」脱線発言を連発
2010.8.25 13:26
このニュースのトピックス:小沢一郎
 「米国人は好きだが、どうも単細胞なところがある」-。民主党の小沢一郎前幹事長は25日の講演で、脱線気味の発言を繰り返した。
 小沢氏は名作映画「戦場にかける橋」に登場する英国軍人との対比で、冷ややかな米国観を披歴。一方で、黒人初のオバマ米大統領の誕生に触れ「黒人大統領なんかあり得ないと思っていた米国で黒人大統領が誕生した」と指摘。「米国人を利口と思っていない」としながらも「民主主義や危機に当たっての国民の選択が実行されていることは非常に高く評価している」と述べた。
 戦前の日本軍についても言及し「捕虜になった途端に無秩序の烏合の衆に化したと記載がある。帝国陸海軍の軍紀は結局、天皇陛下の名を借りて、抑え付けられた結果だ」との見方を披露した。
2010年8月25日 11時32分 (2010年8月25日 13時27分 更新)
<東証>一時8900円割れ 1年4カ月ぶり
 25日の東京株式市場は、円高や前日の米株安を嫌気して、輸出関連株を中心に続落し、日経平均株価は一時、前日終値比で106円安の8888円と2日連続で年初来安値を更新した。取引時間中に8900円を下回るのは、約1年4カ月ぶり。ただ、その後は下げ幅をやや縮小し、午後0時40分時点は46円43銭安の8948円71銭。

 円高を受けて、主力の輸出関連株は、採算悪化懸念から売りが先行し、トヨタ自動車やシャープが年初来安値を更新した。

 また、25日の東京債券市場は、株価下落を受けて、安全資産とされる国債が買われ、長期金利の指標となる新発10年物国債の利回りは一時、前日比0.015%低い0.895%まで低下し、03年8月以来7年ぶりに0.9%を割り込んだ。【清水憲司田所柳子

|

« 流石「嘘つき乞食民族」特有の神経だ | トップページ | リモコンの汚れが原因!? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事