« 嫌いなもの | トップページ | 真剣に対処してない、いい証拠 »

2010年8月20日 (金)

やはり、誇りも何もなかつた「嘘つき乞食民族」

韓、仙谷を始めとしたこの出席者たちは、正直に素性と日本で「政治活動」といふ嘘を吐いてゐる理由をきちんと日本国民に説明すべきである。
それから、しみぢみ確信した。 朝鮮人(韓国と言ふ名前も嘘だろ、ほんたうは「朝鮮」だろ)と中国人は乞食だな。
あの「派遣村」に群がつた乞食と一緒。あいつらは、朝鮮・漢族が日本名を名乗つてゐるのかな?
あまりにそつくりだ。
今度から、「嘘つき民族半島・嘘つき民族大陸」ではなく「嘘つき乞食民族半島・大陸」と呼ぶ。
日韓国会議員会議 慰安婦など補償など韓国要求エスカレート 日本側に反論なく  (1/2ページ)
2010.8.19 22:44
このニュースのトピックス菅内閣
 日韓両国の国会議員が、日韓併合100年にあたり菅直人首相が発表した首相談話や両国関係について議論する会議が19日、国会内で開かれた。韓国側は談話の内容は不十分だと指摘した上で、日韓併合条約は無効だとして慰安婦問題などへの補償を要求。日本側は押されっぱなしとなり、首相談話が日韓の歴史問題に区切りをつけるどころか、逆に解決済みの話を蒸し返し、韓国側の要求をエスカレートさせている実態を浮かび上がらせた。
 日本側は民主党の斎藤勁、石毛●(=金へんに英)子両衆院議員、社民党の福島瑞穂党首ら民主、社民、共産3党など左派・リベラル色の強い衆参両議員14人が参加。韓国からは8人が参加した。
 韓国側は元慰安婦や原爆被害者問題に関する補償の追加協議や、在日韓国人への地方参政権付与を求める要望書を土肥隆一衆院議員(民主)に手渡した。
 首相談話をめぐっては、韓国側から「韓国国民から見れば全然足りない」などとの意見が続出。談話で「意に反して行われた」と記された日韓併合に関しては「本当に歴史に率直であるならば、日韓併合条約の不法性を認めなければならない」との指摘もあった。
 これに対し、日本側は特に反論せず、福島氏は「談話は不十分」と同調した。今野東参院議員(民主)は「談話はよく出したものと評価している。ほめてもらうことで(日韓関係も)調子がよくなることもある」と苦しい釈明をした。

|

« 嫌いなもの | トップページ | 真剣に対処してない、いい証拠 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事