« 久しぶりに本を買ひました | トップページ | 驚愕した汚沢の発言 »

2010年9月 2日 (木)

絶句を通り越した汚沢の認識

ひたすら驚きますよ、汚沢さん。 
何に驚くつて、あーたの「自分の過去の発言をすべて忘れたかのやうな」正反対の発言。
あーた、自分の考えで一貫したものが無いのね。
だから、その場その場で思ひつく、「都合のいひ」ことを発言してゐるわけね。
もしくはほんたうに脳のご病気か何かで、覚へて無いのか知りませんが。
こんなことでは、人間的にどこの国からも信用がなくなります。あーたの故郷嘘つき民族はあーたの振る舞いが常識なのかもしれませんが、世界では「嘘」は非常識で信用を失くす最も悪いものなので、早く日本の政界から関わりをなくしてください。
聞かされるこちらは、大変な迷惑です。
【公開討論会・詳報】(1)小沢氏「日本人の精神崩壊、始まりつつある」(2日午後) (1/3ページ)
2010.9.2 13:49
このニュースのトピックス:民主党
 菅直人首相(民主党代表)と小沢一郎幹事長は2日、日本記者クラブ主催の公開討論会に臨んだ。菅氏は「お金にまみれた政治文化を変えなければならない」と強調。小沢氏は「官僚任せの政治行政ではなく、政治家が主導する政治を実現する」 ←この結果、普天間の件がだうなつたか。「官僚任せ」つて、あーた、不勉強で自分の箪笥預金の増加のみを考へてゐるよこしまな政治家がはびこつてゐるからだろ と訴えた。
 公開討論会の詳細は以下の通り。
【小沢氏冒頭発言】
「このたびの民主党の代表選に立候補することになりました小沢一郎でございます。先ほどお話ありましたように、民主党の代表は今日では政権運営の最高責任者を選ぶということにあります。したがいまして、私自身、今日のような大変厳しい、困難な時期にトップリーダーとして、その責任を果たすことができるのかどうか、今回の代表選に出馬すべきかどうか、思い悩みました。しかし、一方で、今日の日本の社会を見るときに毎日、毎日、人殺しの話、親殺し、子殺しにはじまりまして、そういう本当に信じられないような報道がなされております。また、自ら命を絶つ自殺者もいっこうに減る気配がありませんし、高齢者の行方も分からないという問題も出てまいりました。こういう状況はまさに日本社会、日本人の精神的な崩壊が始まりつつあるということのシンボリックな状況ではないかというふうに考えております」
「加えて、今日の経済の停滞が学校を卒業しても就職できないという若者たち。これがたくさん増えております。そして、最近その経済がさらに一層、不透明感を増し、景気の後退が進むのではないかということが言われております。私どもはそういう中にあって、昨年の総選挙でこういう経済をはじめとする政治経済、そして社会全体の停滞を打破するためにマニフェスト政権公約)を掲げ、官僚任せの政治行政ではなくて、国民主導、すなわち国民が選んだ代表が、政治家が主導する政治を実現するんだということを訴えて政権を委ねられたと思います」 ← この発言、どなたがカンニングペーパーを書いたのか知りませんが、唖然とゐたしました。経済対策、円高対策を何もせづに1年間すごしてきた民主党の言ふこととは! てか、財源のつけを誰が払ふのかといふ子供たちの質問に平気で「あなたがたです」と返答できる神経の政党だけあります。汚沢はぢめ民主党党員全員は、これまでのムダな費用を自分たちの私財から日本国へ補填してください。
「この今日の困難を乗り越えて、そして本当に私たちが掲げた国民の生活が第一と。国民の生活を守ると。そういう政策を実行していく。←ただのばらまきで、長期的に見て逆効果な事ばかりですよね? おまけにこの間はTVタックルで農業の方が「税金を増やされて戸別保証なんかされてもそんな保証は要らない」と発言してましたよね。全然、「国民」の生活をわかつてないいい証拠でしたが、世論調査の結果も理解できづに図々しく出馬されたアータですから、誰もあーたに「日本国と日本国民のための生活を守る」政策の実行なか期待してないと思ひますよ。 そのためには国民の代表である政治家が自分自身で決断し、そして自分自身の責任をもって実行していく。こういう政治を作り上げることが、いろいろな施策を実行する上において、まず最大の前提だと思っております。← 悪いんだけど、アータの言つてることと行動の矛盾が信用できないのよね。 あーた、散散「説明責任を果たした」とホザゐてゐますが、国民の8割以上は「説明責任を果たしてない」と感ぢでゐます。このギャツプの理由がわからないあーたに「国民の生活を守る」政治なんかできッこありません。あーたの独りよがりの自己満足で、国民無視の政策を「満足げ」進められてもこちらは迷惑なだけです。 私はそのことを最大の主眼としつつ、経済の再生、国民生活の再生、そして地域の再生。そういった問題を主眼として取り組んでまいりたい。そのように考えております」
【菅氏冒頭発言】
菅直人でございます。総理大臣に就任して3カ月に達しようとしております。こういう経済の厳しい中ですので、この代表選挙の間も総理大臣としての仕事は一切手を抜かないで ← バカなのか、この人は? 公務優先に決まつてるだらう!!!! この時点で、「総理大臣」失格。 民主党はすぐに解散総選挙してください。 あわせて選挙戦を戦いたいと思っております。きょう午前中にも規制改革について、これはまさに政治主導でやらなければならない分野でありますが、副大臣会議の中で大胆にやってくれということの指示をいたしておきました。私は大きな点で2つの変革を行わなければならないと思っております」
「1つは行政、役所の文化であります。つまりは、今までのお役人は、お役所のために働くけれども、国民のためにちゃんと働いていない。私の取り組んだ薬害エイズも患者さんや国民よりも、自分たちの天下り先のために行動したために大変被害が拡大した。それを根本から変えなければならないと思っております。そしてもう1つは、お金にまみれた政治。政治文化を変えなければならない。この2つの文化を変えられるかどうか。←汚沢同様、あーたも日本語おかしいよ! 「文化」ではなくて「慣習」と言ふべきだろ、ここは!! 日本語がわからないやつが日本の政治に関わるな!!! 私はこの選挙戦を通して、国民のみなさんに訴えていきたい。クリーンでオープンな政治を目指していきたいと思っております」
「特に難しい時代であるからこそ、多くのみなさんが政治に参加をする。政党というのは、国民が政治に参加するための、いわば土俵だと。公共財だと。そういう意味で多くのみなさんの声を政党が受け止めて、それを政策に変えていく。全員参加の政治、熟議の民主主義が必要だ。こういった新しい政治文化を作っていきたいと思っております」
「その上で、やるべき政策課題。私は1に雇用、2に雇用、3に雇用と、このように申し上げております。つまり、雇用こそが今の経済のこの低迷、あるいは社会の不安感、あるいはある意味での社会保障の問題点を変えていくキーになる。鍵になると考えるからであります。つまりは、雇用というのは仕事ですから、仕事が増えれば経済が大きくなり、あるいは税収が増えていく。介護や医療、あるいは保育といった分野の雇用は、社会保障の充実にもつながってくる。そして雇用こそが人間の尊厳、将来の不安に対して、最も必要最小限の必要なものでありまして、そういう意味では不安の解消にもつながってくると思います。そういった観点から、この日本を元気な日本に立て直し、そしてまさに生活が第一の日本にしていくためにがんばってまいりたい。このように思っているところであります」 ← この発言の全体が、世間とずれがあるやうに思ふ。 この人だけでなく、2世3世の「社会経験の無い」ぼんくら「政治家」もこれとおなぢ「感覚のズレ」を持つてゐる。 世襲全廃、社会経験の無い奴は政界に居られなくしてもらひたい。世間とズレがあるやうでは、経済も生活も全然まつとうに対処できないのでは?
【民主党代表選】「うまくいくのか」仙谷氏、財源問題で小沢氏を批判
2010.9.2 12:18
このニュースのトピックス:民主党
 仙谷由人官房長官は2日午前の記者会見で、民主党代表選に立候補した小沢一郎前幹事長が米軍普天間飛行場移設問題の再検討を表明したことについて「鳩山前内閣の決定であり、これを誠実に守っていかなければ、(日本は)国際社会の中で生きていけない」と述べ、移設先を沖縄県名護市辺野古沿岸部とした5月の日米合意を順守すべきだとの認識を示した。
 小沢氏が日米合意について「(当時は)政府の政策決定に全く関与していない」と述べたことには「合意は政府・与党が一体的に決定をした」と批判した。
 衆院選マニフェスト政権公約)実現のための財源として小沢氏が言及した国有財産の証券化についても「うまくいくのか、あまりイメージがわかない。簡単な話ではないんじゃないか」と疑問を呈した。

|

« 久しぶりに本を買ひました | トップページ | 驚愕した汚沢の発言 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事