« 大同感 | トップページ | 本気でキチガイ、日本国民無視の汚沢と民主党 »

2010年9月12日 (日)

米国との同盟を真剣に、考へなおすときでは?

自分中心主義の白豚が、とんでもないことしやがつた。 
こんなことをする人種と「同盟」を結んでゐると、日本国までテロの対象になる。
(過去に実際対象になつてをり、理由は米国の同盟国だからであつた)
基地移設、米兵犯罪や自衛隊海外派遣、尖閣諸島は知らない等その他、米国と同盟を結んでゐても日本にメリットは無いのではないかと真剣に思ふ。「抑止力」がメリットなら、日本だけの問題ではない。
たまたま沖縄の位置が、「出動」に都合がいひ位置にあるだけである。 
自衛隊海外派遣が十分憲法9条違反してゐるのだから、ここは真剣に「自国による、自国のための防衛」を議論をして、いつまでもこんな相手を尊重せづ、自分らの都合ばかり主張する「自分中心主義の白豚」に税金を費やすことは無いのでは?
かえつて、余計なトラブルに巻き込まれるよ。
↓この本を読んで、この人の言ふとおりだと思つた。
米でコーラン焼却や冒涜 ホワイトハウスそばでも
2010.9.12 11:54
このニュースのトピックス:米国
 ロイター通信は米中枢同時テロから9年を迎えた11日、米南部テネシー州スプリングフィールドでキリスト教会のボブ・オールド牧師らがイスラム教の聖典コーランに油をかけて焼却したと報じた。
AP通信によると、11日にはこのほか、コーランを冒涜する行為が首都ワシントンのホワイトハウスそばなどで計3件あった。フロリダ州の牧師もコーランを燃やすと宣言していたが撤回した。
オールド牧師はこの数日前、米テレビ局に対し、焼却の理由について「イスラム教徒が偽りの神 ← 何この自分中心主義の究極は! オマエはキリスト教徒なのか知らんが、イスラム教はアラーの神といふイスラムの神が居るんだよ。 厳密に言ふとキリストなど「神の子」であつて神ぢやねえだろうが。 失礼千万だ。 を崇拝していると信じるからだ」と語っていた。(共同)
米、小沢氏を警戒 普天間、再交渉方針に懸念
琉球新報 9月12日(日)10時15分配信
 【米ワシントン10日=与那嶺路代本紙特派員】14日投開票の民主党代表選に向け、小沢一郎氏が米軍普天間飛行場移設を再交渉する考えを示したことで、米国では小沢氏が勝てば日米関係に大きな変化が生じると警戒している。
 ワシントン・ポスト紙は2日付で「鳩山由紀夫氏は米国依存からの脱却を主張していたが、菅首相は現実的アプローチをとっている。小沢氏の政策は鳩山と似ている」と評し、鳩山氏と同様に、普天間の県外国外を模索する展開になるとの見通しを示した。
 ニューヨーク・タイムズは7日付の社説で「小沢氏は普天間の再交渉を望んでいる。だが対案がないのなら、非現実的な態度をあらためるべきだ」と、普天間問題の再燃を強く警戒している。星条旗新聞もこの間「基地反対者が総理の座に挑む」「小沢氏が勝てば移設計画は生き延びられない」などと記事を掲載し、同問題に与える影響を懸念している。
 マイケル・グリーン元米国家安全保障会議アジア上級部長は、クリントン国務長官らが会談するなど、米政府が小沢氏を「陰の実力者」として接点を持ち続けた経緯に触れ「オバマ政権は(代表選に)慎重になっている。彼らは小沢氏を批判したくない。米政府は小沢氏が勝てないとたぶん思っているが、今後彼がどんな要因となるか分からず、少し神経質になっている」と解説。「普天間の報告書はまとまったが、政治情勢が不確定で実行できない。しばらくは忍耐勝負になるだろう」とみている。
【9・11 9周年】「宗教上の疑念乗り越え団結を」 追悼式典でオバマ大統領
2010.9.12 00:29
このニュースのトピックス:米国
 【ワシントン=犬塚陽介】オバマ米大統領は11日、国防総省で行われた米中枢同時テロの追悼式典で演説し、「われわれはイスラムと戦っているのではない」と述べ、宗教上の疑念を乗り越え団結するよう米国民に訴えた。
 大統領は、イスラム教モスクの建設、コーラン焼却問題という反イスラム感情の表面化を念頭に、9年前の中枢同時テロで国際テロ組織アルカーイダは、多様性や寛容性といった「米国の理念を攻撃した」とし、「われわれを攻撃したのは宗教ではなく、宗教を悪用したアルカーイダだ」と指摘。 ← オサマ・ヴィン・ラディンが米ソ冷戦の時代にCIAによる++教育を受けてゐたと聞いたが。 遡つて見ていくと、米国の自分中心主義が生んだことではないのか? 「米国は(テロの)恐怖に屈服することなく、理念を保ち続けねばならない」と強調した。
 また、「信仰の自由」はすべての米国民の権利だとし、「米国は神の下で一つの国家であり、分割はできない」と述べ、宗教の枠を超えて米国の理念を共有するよう訴えた。
 また、アフガニスタンにおける対テロ戦については、「米国を守るために必要なことを遂行する」と力を込めた。

|

« 大同感 | トップページ | 本気でキチガイ、日本国民無視の汚沢と民主党 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事