« 大つけ麺博に行つた | トップページ | 役立たづの民主党政権 »

2010年9月21日 (火)

日本のためにならない「大臣」らは辞めてくれ

民主党は、嘘つき集団だな~といふ実例を次々にやらかしてくれる。これもさうだ。
一転「わが国固有のもの」と発言修正をした理由は何?てか、その前に「領土問題」とホザゐていた理由は何?
こんなにコロコロ発言が変るのは、やはり「平気で嘘を吐く民族」の血がなせるわざなのだらうか?
日本に嘘つきは要りません。特に、歴史の知識も無く国旗に礼もしない「人間として低脳」な人は公の場に出てくるべきではありません。
蓮舫氏「尖閣諸島は領土問題」、一転「わが国固有のもの」と発言修正
2010.9.14 17:41
このニュースのトピックス領土問題
 蓮舫行政刷新担当相は14日の記者会見で、尖閣諸島周辺で起きた海上保安庁巡視船と中国漁船の衝突事件をめぐり、中国側が日本政府の対応を批判していることに関し「(尖閣諸島は)いずれにせよ領土問題なので、毅然とした日本国としての立場を冷静に発信するべきだと思っている」と述べた。この発言は、尖閣諸島について「領有権の問題は存在しない」とする政府見解と矛盾しており、蓮舫氏は同日午後、記者団に「誤解を与える表現があった。尖閣諸島は歴史的にも国際法上もわが国←日本以外の国のことを「わが国」とは言つてないですよね? もふ信用が無いよ、この人。 事業仕分けでは「二位ぢやだめなのか」とホザき、削減の対象となつたものが成功したら発言を翻し、言ふこともやることもすべてが嘘! 固有のものだ」と発言を修正した。
「政府の対応十分でない」自民・石原氏が批判 漁船衝突事件で中国反発
2010.9.21 11:38
このニュースのトピックス:自民党
 自民党の石原伸晃幹事長は21日午前の記者会見で、沖縄・尖閣諸島(中国名・釣魚島)付近での中国漁船衝突事件をめぐり中国側が反発を強めていることについて、「政府の対応は十分でない」と批判した。
 石原氏は「尖閣諸島領土問題が存在しない以上、国内法にのっとって粛々と裁判所が判断すべきだ」と述べた。←全くそのとおり。 民主党は日本に要らない。菅直人首相が20日に全閣僚と行った勉強会についても、「主権に関する重要な問題だが、十分な議論をしたとは思えない」と述べた。
 自民党は22日にも政務調査会に「領土問題に関する特別委員会」を再設置し、尖閣問題について議論する。
外務省、尖閣問題で「中国に分がある」コラム掲載のNY紙に反論 ←最初に「尖閣諸島は日本のもの」として厳重に抗議せづに船員を釈放・帰国させるからこんな記事書かれるんだよ! 腑抜け菅、この間の「談話」の件と一緒に日本人に謝れ。 世界ではね、すぐに抗議しないと相手の嘘が正論になつちやうんだよ!!少し勉強してまぢめにやれ!!!
2010.9.21 09:48
このニュースのトピックス:菅内閣
 【ワシントン=佐々木類】沖縄・尖閣諸島をめぐり、米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は10日と20日付の2回、ニコラス・クリストフ記者のコラムを掲載した。内容は、「中国に分がある」「尖閣諸島の紛争で米国が日米安全保障条約を発動する可能性はゼロ」などというものだ。駐ニューヨーク日本総領事館から反論文が寄せられたことも紹介している。
 クリストフ記者は、ニューヨーク・タイムズ東京支局長の経験があり、米ジャーナリズム界で最高の名誉とされるピュリツァー賞を2度受賞している。
 クリストフ氏は10日付のコラムで、「太平洋で不毛の岩礁をめぐり、緊張が高まっている」と指摘。その上で、「1972年に米国が沖縄の施政権を日本に返還したため、尖閣諸島の問題で日本を助けるというばかげた立場をとるようになった。米国は核戦争の危険を冒すわけがなく、現実的に安保条約を発動する可能性はゼロだ」とした。
 また、「はっきりした答えは分からないが、私の感覚では、中国に分があるようだ」とした。← 事実を取材したりしなくてもでつちあげが書ける人が「ピュリツァー賞」を受賞するのがよくわかつた。以後、この賞の受賞者の記事は疑ふこととする。
 ちなみに、尖閣諸島に岩礁はあるものの、少なくとも魚釣島や南小島は岩礁ではなく、沖縄県宮古島の漁民らがカツオブシ工場などを経営していた島だ。← Mr. Christoph, APOLOGIES TO JAPAN !!  YOU ARE LIER. 嘘つきクリストフは日本に謝れ!!
 次に20日付で、10日付のコラムに対し、日本の外交当局から反論文が寄せられたことを紹介した。クリストフ氏は、尖閣諸島が歴史的、国際法上も日本の固有の領土であることを指摘した反論文を一部掲載、読者に反応を呼びかけた。
 読者からはさっそく「日本政府は歴史を改竄(かいざん)するのが得意だ」(カリフォルニア在住の男性)←中国系なのか明らかにしろ。歴史の改竄は嘘つき民族大陸・半島の専売特許だ という書き込みがあった。
 在ニューヨーク日本総領事館によると、反論文は17日付で、従来の日本政府の立場を示したものだ。同総領事館の川村泰久広報センター所長名でクリストフ記者に直接手渡した。
 総領事館は「そもそも尖閣諸島をめぐる領土問題は存在しない。にもかかわらず、希薄な根拠をもとに中国に分があるような記述をしていたため、直接会って反論した」と話す。
2010年9月21日 15時41分
尖閣事件で訪中を中止=「やくざと同じ」と批判―石原都知事
 東京都の石原慎太郎知事は21日、尖閣諸島(中国名・釣魚島)沖での中国漁船と海上保安庁巡視船の衝突事件で、中国側が閣僚級以上の交流停止などを打ち出したことに関連し「こんな中国に行くつもりはない。向こうから頼まれても行かない」と述べ、検討していた訪中を中止する考えを明らかにした。←当然の対応。のこのこ行くやつはばかだ。 また「やくざがやっていることと同じ」と述べ、事件に関する中国側の対応を批判した。都庁内で記者団の質問に答えた。
 石原知事は、10月12、13の両日、世界45都市の首長が参加して都市の持続的発展について話し合う北京市での国際会議に参加する予定だった。 

|

« 大つけ麺博に行つた | トップページ | 役立たづの民主党政権 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事