« いつかの空 | トップページ | 民主党そのものが「ムダ」な好例 »

2010年9月 7日 (火)

謎の団体、民主党

唖然
一体、民主党は何なのだらう? 
日本に害を及ぼす団体であることは間違ひない。 
これは、個人情報保護法違反ではないのか? 勝手に個人情報をどこから持つてきてゐるのかが不思議だ。
更に謎なのは、こんな「ムダ」な費用を政党助成金だか政党交付金だか、元が「税金」から捻出してゐるのかといふことだ。
自分らの勝手な団体の長を決めるのに、国政選挙でもあるまいし街頭演説などやり、チラシなど作成し、テレビにまで出演し(こんなの取り上げるマスゴミもまさにゴミだ)、勝手な大騒ぎをし、自らの義務である「国政」をないがしろにしてゐると言ふのは、大変許せない事であるし、税金泥棒だ。
早く解散総選挙を行ひ、民主党を解党し日本の政界から出て行つてくれ。
毎日毎日目障り耳障りだよ、民主党の話を聞かされるたびに!  Devil
【民主党代表選】山梨でも党員・サポーター以外に投票券配布
2010.9.7 16:28
このニュースのトピックス民主党
 民主党員でもサポーターでもない山梨県北杜市の看護専門学校非常勤講師の男性(60)に、代表選の投票券が配達されていたことが7日、分かった。男性は「国政選挙や地方選挙は国民の義務だが、民主党の代表選には権利も義務もない。なぜ一方的に送ってきったか、理由もわからず不快だ」と憤慨している。
 男性の家族によると、男性宅へ届いたのは「党員、サポーターのみなさまへ」と書かれた「2010年9月民主党代表選挙投票券」。男性は当初、投票券は無作為に送られてくるものとみていたが、7日付産経新聞の「自民党員に民主代表投票券」の記事を読み、誤送付に気づいた。男性は「私も自民党寄りで、自民党に元気になってほしい派なのに」と話している。
 代表選投票券が届いたことについて、男性は「妻が5、6年前に臨時教員を務めたことがある。選挙で民主党候補の後援会入会カードに名前を貸したことはあるが、ならば妻の名前のはず」と首を傾げる。
 党県連では「登録申込書に記入してもらい、年会費2千円を払わないとサポーターにはなれない仕組み。なぜ送られたのか、わからない」としている。男性と同じ姓は地区内には他になく、誤配とも思えない。男性は「せっかくなので、記念に保存しておきます」と話している。

|

« いつかの空 | トップページ | 民主党そのものが「ムダ」な好例 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事