« 何が狙いなのか・・・・・? | トップページ | たしかに »

2010年9月10日 (金)

なりふり構はぬ民主党

すごいですね~、 野党に大判振舞いしたかと思へば次は天国へ大判振舞いですか。
平成17年て、4年も前でせう?4年間党費を払つてないのに届くといふことは、今回の投票用紙は誰にどんな条件で配布されてゐるかわかりませんね。
これは、なりふり構はぬ「汚沢首相」創設への動きなのでせうか?
とにかく、まともな集団ではないな、民主党は。  次に何が出てくるのやら。
(真面目に党費を払つてゐる皆さん、御苦労様です)
【民主代表選】死者にも投票用紙 「いい加減な首相選び」と遺族
2010.9.10 13:10
このニュースのトピックス小沢一郎
 14日投開票の民主党代表選で、5年前に死亡した大阪市城東区の元民生委員の男性に、民主党本部から代表選の投票用紙が送られていたことが10日、分かった。突然の通知に驚いた男性の長男(51)は「亡くなった人にまで届くなんてあんまりだ」と立腹している。
 長男によると、男性は生前、知人に誘われて民主党のサポーター登録をしたが、平成17年4月に死亡。その後、党費も支払っていなかったが、今月上旬に投票用紙が届いた。
 党本部は「サポーター登録をした人には今年5月に登録のお礼状を出した。身に覚えのない人からはそのときに連絡をもらっている」と説明するが、その際、連絡のなかった人の登録解除などはしていなかったという。
 サポーター票をめぐっては、自民党員や登録に身に覚えのない人の自宅に投票用紙が届くケースも確認されているといい、長男は「首相を選ぶ選挙がこんないい加減でよいのか。民主党の党員やサポーターの管理はずさん過ぎる」と話していた。
 投票用紙は告示日の1日、党中央代表選挙管理委員会から、全国の地方議員2382人と、党員・サポーター計34万2493人に一斉に郵送された。

|

« 何が狙いなのか・・・・・? | トップページ | たしかに »

経済・政治・国際」カテゴリの記事