« 秋空の風景  | トップページ | 勉強になつた »

2010年10月11日 (月)

民族性をよくあらわした事件

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1552504.html

民族性が顕著なぽいんと

1. エレベーターに「電動」車椅子で突っ込んでくる

2. エレベーターの扉が閉まつてゐる(すでに、エレベータ内部が移動してゐて扉の向かふに内部がない)のに、再三扉を押しのけて「自分が乗ろう」とするところ

飛行機の中で、この民族と一緒になつたところトイレのドアにたいして同様の行為をしてゐた。

飛行機のトイレのドアは入るときに押して、出るときに引く。そんなことはドアに書いてあるが、出たかつたらしいこの民族はトイレのドアを壊れるかと思ふくらい内部から押し続け、ドアがしなッた。

見かねたほかの人が、外から押した。

当然、ドアは当人がゐた内側に大幅に移動したはづであるが、内部からドアを壊さんばかりに押してゐた嘘つき民族は「平然と」何事もなかつたかのやうに出てきた。

映像を見てこの出来事を思ひだした。ドアが壊れやうと「自分が出たい」欲望をひたすら押し続ける奴と、エレベータードアとエレベーター内部の人がだうならふと「自分が乗りたい」欲望をひたすら押し続けるこの画面登場人物は共通の民族性をよくあらわしてゐる。

世界に出てくるな。国際的には非常~に迷惑な行為だ。

|

« 秋空の風景  | トップページ | 勉強になつた »

だうでもいひ話」カテゴリの記事