« 嫌悪感を通り越して、「心底憎しみを感ぢる」菅韓漢と余計なことを仕出かした会社 | トップページ | お洋服貰ひました »

2010年10月 1日 (金)

海の親子丼を作つた

秋鮭

筋子

と、秋ならではの海の親子丼の季節がやつて参ゐりました・・・・

 Feed Me

先日、いくらの醤油漬の作り方を覚へ、中々美味くできたのでまた筋子を購入した。

筋子には、「いくら漬のたれ」がついてをり作り方の説明もあつた。

お漬物の本には、筋子をお湯でさッと湯掻いて氷水を足す手順が最初にあつた。

しかし、付属のたれは「水で2,3度洗つて塩水につけてほぐす」とあつた。

タレのやり方でやつてみたところ、湯掻いた場合は脂肪分が固まつてくるのだが水の場合は脂肪分がそのままなので、剥きにくいと言へば剥きにくい。
あまりに剥きにくいので、急遽お湯を沸かして湯剥きを行なつた。

いくらの醤油漬けは単品で酒のつまみになるが、今回は秋鮭を入手したこともあるのでご飯を炊いて、鮭をほぐしていくらをこれでもかと載せて、山葵をちらした。

それだけなのにすんごく美味かつた・・・ (ご飯に白胡麻や大葉を刻んで混ぜればもつと美味いであらう)

また作らふ Sushi   



|

« 嫌悪感を通り越して、「心底憎しみを感ぢる」菅韓漢と余計なことを仕出かした会社 | トップページ | お洋服貰ひました »

だうでもいひ話」カテゴリの記事