« おかしな発想 | トップページ | 空の写真特集してみた »

2010年10月30日 (土)

すべてが腐つてゐる馬菅韓漢政権と民主党

前原氏への批判は、「シナ人に散散へつらつてゐた半島人」を思ひ起こさせる。

日本国の領土が侵犯され、日本国の職員である海上保安庁職員が重傷(殉死?)した事件だと言ふのに、抗議も何もせづ、シナから批判されたら国の大臣として当然のことを行つた前原氏の批判とは。

随分前に、聖徳太子を描いたドラマを見た。(武田真治が聖徳太子を演じたもの)その中で聖徳太子は「日出づる国の天子より日沈む国の天子へ」と親書を書くが、この親書に対してシナにへつらう役人らから批判が出る。

しかし、聖徳太子は「対等の立場で」としてその親書を小野妹子に託すのである。

前原氏の対応は、「日米同盟」と言ふ同盟国の相手と当然の話し合いをしただけあり、他国に批判される筋合いは無い。シナはノーベル平和賞その他にもいちゃもんをつけ、中国への内政干渉と批判してゐるが、こいつらのしてゐることのはうが余程他国に対する内政干渉だ。

前原氏は、なんで民主党にゐるのであらう?と思ふが前原氏が辞任する必要は無い。辞めるべきは馬菅韓漢そして仙谷を始めとした「シナ半島へつらい族」である。 

民主党は、そんなにシナが好きなら日本から出国してシナへ行けばよい。はつきり言つて、日本国のためにならない行動をされると、日本の邪魔なのだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101030-00000508-san-pol

10月30日(土)8時36分配信 首脳会談拒否「前原外相が悪い」 飛び交う声

 中国が29日、ハノイでの日中首脳会談を拒否したことに対して、政府・民主党から、さまざまな声が出た。

[フォト]前原外相がめざすTPP参加、対中安保にも

 政府高官は同日夜、困った表情で「分からない。分からない」と繰り返し、会談拒否の理由は中国の国内事情との見方を示した。そして、「たぶん、首脳(会談)はできない」とぽつり。

 11月1日に、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件のビデオ映像が、一部国会議員に公開される件との関連を推測する議員は多かった。

 閣僚の1人は「よく分からないけど、ビデオの影響じゃないか」。閣僚経験者は「きょうビデオの公開を決めたからだ。シナリオを立てずにやるからだ」と述べた。 ←事件が起きて船長・船員ら逮捕してすぐに公開して罪状をつきつけなかつたことが今尾を引いてゐるのだ。少し自覚して早く解散総選挙しろ。 おまへらは本当に税金の無駄だ。


 これに対し、前原誠司外相への批判もあった。

 党中堅幹部は「日中両国のために前原はつぶした方がいいというメッセージじゃないか。中国に言われてすぐに辞めさせるのはよくないが、前原が外相をやるのは無理だ」と、中国そっちのけで外相批判を展開した。 ←だうなつてゐるの、この政党。自分らの腑抜け姿勢を棚上げし、自分らの内部で決めた人事にケチをつけ、「日中両国のために」日本閣僚である前原氏を批判するとは。 誰がやつてもおなぢことを言ふだらう。 日本中から不信しかない民主党、すぐに辞めろ。

 別の若手は「前原がTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)で中国包囲網みたいなことを言ってきたから、牽制しているのだろう」との見方を示した。

 一方、中国内の権力闘争が原因との分析もあった。

 外務省出身の議員は「中国の国内事情だ。菅(直人首相)さんと仲良く映る姿が本国に伝われば、温家宝首相はまた弱腰だと批判される。外交日程のキャンセルはだいたい国内事情であって、ビデオ公開や前原さんの態度はあまり関係ない」との見立てを示した。

 中国への不信感、警戒感を示す議員は多かった。中堅は「中国お得意の揺さぶりだ。領土に関して中国は絶対譲らない。日本は、『会ってくれないと顔が立たない』みたいな軟弱なことではだめ。原則論を主張し、毅然とするしかない」と語った。

 保守系若手は「中国の言いがかりで、あきれてモノが言えない。日本は毅然としていればいい。中国は冷静になった方がいいんじゃないか」と語った。←何度も言ふが、一番最初に事件が起きたときに犯罪人を犯罪人として処理しなかつたバカン菅韓漢と仙谷、民主党の失態がもたらしたこと。

10月30日(土)16時32分配信  日中首脳が会談=10分間、「戦略的互恵」を確認

 【ハノイ時事】菅直人首相と中国の温家宝首相は30日午前(日本時間同日昼)、ハノイ市内の会議場で約10分間会談した。両首相は、日中の戦略的互恵関係を引き続き推進することを確認。今後「ゆっくり話す機会」をつくることで一致した。←菅韓漢、おまへは日本に帰ってこなくていひ。そのまま大陸へ行き、大陸人にしてもらへ。日本の邪魔だ。だいたい、10分なんか「会談」ではないだらう。しかも「ゆつくり話す機会」を作ることで一致とは何事だ。

 菅首相と温首相による日中首脳会談は、29日に行われる予定だったが、中国側の意向で急きょ見送られた。これについて、両首相は「会談が行われなかったことはとても残念だ」との認識を共有。また、民間交流の強化が重要との認識でも一致した。
 菅首相に同行している福山哲郎官房副長官によると、両首相の会談は、東アジア・サミットが始まる前の時間を利用して、控室で「自然な形」で行われた。←なんとしても「会談」と言ふ形を作りたい民主党。ここまで来るとひたすらアサマシイ。 これをそのまま「会談」として放送する広報マスゴミもアサマシイ。  

|

« おかしな発想 | トップページ | 空の写真特集してみた »

経済・政治・国際」カテゴリの記事