« 価値観の問題 | トップページ | 腑抜け政府が国民にもたらすもの »

2010年10月 2日 (土)

一理ありますが、まづ政治(政府)が最低ラインを下回つてゐるのが露見した件でしたよ

枝野さん
こんばんわ
貴殿に対し、お初におホザキゐたします。
枝野さんのご意見は最もなのですが、今回の件は「政治主導」以前の問題で「政治家として国民の代表」として振舞ふべき立場の人が、国民の支払つた税金で給金を貰ひながら
衝突のビデオも観てない、しかもしかも、な~~~~んの対処もしなかつた、国の領土に侵犯し公務執行妨害(暴行と言ふ犯罪)をした人たちを、早々に帰国させたといふ、全世界の常識を覆す、おばかぁ~~~な行動をしたことが大問題なのです。
それを、お分かりでせうか?
嘘つき民族大陸がだのやうな対処をするかは、東南アジアでの行動やチベットに対する暴挙を見ればよくわかるはづです。
なのに
な~~~~んの対処も交渉もせづに、ばかのやうに、(はつきり言つてバカだが)「お返し」したのがほんたうのバカなのです。
しかも、あなた、まだ一人ばかのやうに、捕らえられてゐるではありませんか。
あのね
早々にビデオを公開して、嘘つき民族大陸の暴行を非難糾弾し、逮捕が正当行為であると堂々と国際社会に主張すべきであつたのです。
それを、国連でもなんとかと言ふ会議でも一言も菅韓漢も馬渕も主張せづに帰国させたのは、第三者から見れば「なんだよ、何も悪いことしてない人間を逮捕したのかよ」と誤解するのに十分なミスでありました。
てか
民主党さんが、日本国のために働かないのはよくわかりました。
菅韓漢のご夫人など、本を二冊も御出しになつて「菅で大丈夫か」とかおホザキでしたが、あれは印税目当ての姑息な行為にしか見へません。
あたくしなら、こんな腑抜け行為を夫がしたら恥づかしくて世間様に顔向けできませんし、生きてもゐられません。 (菅韓漢は、日本人と感覚が違ふので、この話は通じないと思ひますが)
民主党全員、責任を取つて早々に解散総選挙して議員を辞め、二度と議員立候補しないでください。
そして、民主党は解党し何度も言つてをりますが、日本国よりご出立ください。
2010年10月2日 19時09分

「あしき隣人」「法治主義通らず」=民主・枝野氏が中国批判

 民主党の枝野幸男幹事長代理は2日午後、さいたま市内で講演し、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件をめぐって緊張関係が続く中国を「あしき隣人」と呼び、激しく批判した。

 枝野氏は「日本が中国とどういう距離感で付き合うかを確認するいい機会だった」と衝突事件を振り返る一方、「(中国は)あしき隣人だが、隣人は隣人だから、それなりの付き合いをしていかなければならない。米国や韓国のような政治体制や価値観を共有できる国とは違う」と断じた。

 さらに「法治主義の通らない国だから、(フジタの社員が)突然拘束されるとかいろんなことがあり得る」と指摘、「そういう国と経済的なパートナーシップを組むという企業はよほどお人よしだ」と語った。 

|

« 価値観の問題 | トップページ | 腑抜け政府が国民にもたらすもの »

経済・政治・国際」カテゴリの記事