« けふの月 | トップページ | 日テレにコンタクトしてゐた! »

2010年11月10日 (水)

自分たちの怠慢を棚に上げて、何を言つてゐるのだらうか?

この幹部の名前をきちんと報道してください。← と思つたら、仙谷だつたのですか?

民主党党首の菅韓漢が、「責任は自分にある」と明確に答弁してゐるのですよ。鈴木長官の責任が問はれて、国土交通省のトップの責任が無いわけないでせう。

元はと言へば、何度も言ひますが、民主党政権がきちんとビデオを視聴して中国の犯罪および海上保安庁の逮捕の正当性を明確に発表しなかつたことが原因です。

しかも、海上保安庁はこれまで過去の海の事件のビデオを公開してをり、今回の件も「守秘義務にあたる内容」ではなく、公開を前提として編集し誰でも見られる状態だつたと言ふではありませんか。

それを、自分らの対応が中国よりであることを隠さうと、ビデオを公開しないものとした民主党、あーたがたがおかしいのです。

辞めるべきは民主党全員です。

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101110/stt1011101648011-n1.htm

【海保職員「流出」】民主党幹部、「鈴木長官は責任免れない」 

2010.11.10 16:45

 民主党幹部は10日午後、中国漁船衝突の映像流出事件で、第5管区海上保安本部神戸海上保安部の職員が自らの関与を認めたことに関連して「鈴木久泰海上保安庁長官の責任は免れない」と、鈴木長官の辞任は不可避との認識を示した。国会内で記者団に答えた。一方で、海上保安庁を所管する馬淵澄夫国土交通相の責任については「辞任にあたるだろうか」と疑問を呈した。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101110/plc1011101744014-n1.htm

2010.11.10 17:38

【海保職員「流出」】仙谷氏「海保長官に重い責任」 馬淵国交相については否定

 仙谷由人官房長官は10日の記者会見で、海上保安官尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件のビデオ映像を流出させたと名乗り出たことに対する海上保安庁の鈴木久泰長官の監督責任について「独立性、自立性に応じた責任は当然出てくる。強制力を持った執行部門は、それなりの強い権限がある代わりに強く重い責任を負う」と述べ、責任は免れないとの考えを示した。

 ただ、馬淵澄夫国土交通相に関しては「政治職と執行職のトップの責任のあり方は違う」と、責任を問わない意向を表明。海上保安官の処分については「必要があれば行う」と述べた。

|

« けふの月 | トップページ | 日テレにコンタクトしてゐた! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事