« 結構シヨツク・・・・・・  | トップページ | 思ふこと »

2010年11月15日 (月)

自民党が政権を手放したワケ、そして今後も取れない(また手放すであらう)ワケ

自民党は、今後「民主党の酷さ」により政権を再び取れるかもしれないが、そのうちまた手放すであらう。

全然、わかつてないんだな。 今回の「流出」の原因がどこにあるのか。

そして、戦後ずつと自分たちが続けてきた「間違ひ」が今の防衛懸念を引き起こしてゐるのが。

自民党党員てのは、民主党の形を変へた「売国」党か。Thinking

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101115-00000011-jij-pol

11月15日(月)5時14分配信 保安官擁護論に懸念=自民・谷垣氏

 自民党の谷垣禎一総裁は14日、さいたま市で講演し、中国漁船衝突事件のビデオ映像流出を名乗り出た海上保安官を擁護する声があることについて、「わたしも半分ぐらい気持ちは分かるが、国家の規律を守れないというのは間違っている」と指摘した。
 党内の一部にも、「日本の正統性を国民と世界に示した」(安倍晋三元首相)など、保安官の行為を称賛する声もある。谷垣氏は、旧陸軍の青年将校が反乱を起こした2・26事件を例に「(国民の一部は)若い純粋な気持ちを大事にしなきゃいかんと言っていたが、最後はコントロールできなくなった」として、←問題の起きた「根本原因」を追究・理解・是正しない典型的なバカの見本 保安官の行為を称賛する声に懸念を示した。 






|

« 結構シヨツク・・・・・・  | トップページ | 思ふこと »

経済・政治・国際」カテゴリの記事