« 誰が「まだ」支持してゐるのだ? | トップページ | わかつてないな~、自民党 »

2010年11月22日 (月)

民主党が国民の支持を得るためには

即刻解散総選挙することだらう。岡田氏は何を言つてゐるのであらう?( ̄◆ ̄;)
と言ふか、
民主党が「日本国民」の意思を無視し、「外国」国民の支持を得るつもりなのだな~と下記の発言でよくわかつた。
寝とぼけといふより、日本国民を無視する確信犯だと認識した。日本名を名乗つて日本で生活して日本語を話すのは民主党全員止めてください。日本人のフリをされるのは迷惑です。海外で半島南がよくやつてゐますが、ほんたうに不愉快で迷惑です。
凸(`Д´メ)

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101122/stt1011221336024-n1.htm
【法相辞任】岡田幹事長「大変残念だ」 仙谷氏の問責案には「国民の支持得られない」と牽制 ←日本国民の支持は既に無い 
2010.11.22 13:35

 民主党の岡田克也幹事長は22日、国会軽視発言を受けた柳田稔法相の辞任について、「大変残念だが、(平成22年度)補正予算案を早く成立させるために決断いただいた」と述べた。
 野党側が仙谷由人官房長官らの問責決議案提出などを検討していることについて「政党が行うことだ。出すのであれば止めることはできないが、補正(予算案)の審議が遅れかねない。国民の支持を得られない」と野党側を牽制(けんせい)した。
 民主党は同日昼に役員会を開き、役員からは「よく辞任を決断した」などの声が上がり、辞任に反対する声はなかった。←未だに「民主党」に所属してゐることがよく出来ますよね。ここがもふ、信ぢられません。よく恥づかしくないな~、嘘つき民族は根本が違ふよな。((・(ェ)・;)) 

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101122/stt1011221501027-n1.htm
みんなの党、補正採決前に仙谷氏の問責提出へ 「責任一番重い」 ←同感、他の党がなぜ一緒にやらないのか?
2010.11.22 15:00
 みんなの党は22日の役員会で、仙谷由人官房長官に対する問責決議案を、政府・与党が24日に求めている平成22年度補正予算案の採決前に単独でも提出する方針を決めた。菅直人首相に対する問責についても、今国会の会期末をめどに提出する方針を確認した。
 江田憲司幹事長は記者会見で、仙谷氏の問責理由について「(沖縄・尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件をめぐる)一連の事態を主導した仙谷氏の責任が一番重い。また、自衛隊を称して『暴力装置』と答弁したのは看過できない」と述べた。

|

« 誰が「まだ」支持してゐるのだ? | トップページ | わかつてないな~、自民党 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事