« 素朴な疑問 | トップページ | 衆院予算案の仙谷氏の答弁 »

2010年11月10日 (水)

それもあるが、やはり違ふ

自民党が政権を手放した(とあへて言はう)ワケが、下記おにゅーすで明らかになつた。

それ↓もあるが、ここで一番重要なのは、「ビデオ公開も閣僚全員で事件早々にビデオを視聴して対処をしなかつた、そして犯罪人を処分保留で釈放・帰国させた民主党の不備」を問ふことだ。

何をやつてゐるんだ、こんなスパイ政党を目の前にして。

責任問題よりも、民主党全員の国家反逆罪の言及が先だらう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101110-00000063-jij-pol

11月10日(水)12時57分配信 自民、国交相らの責任追及=ビデオ流出

 海上保安庁職員が尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件のビデオ映像を流出させたと上司に話したことを受け、自民党は10日午前、事実関係が裏付けられれば、馬淵澄夫国土交通相や仙谷由人官房長官の監督責任を追及する方針を明確にした。
 自民党の小坂憲次参院幹事長は取材に対し「組織の責任を明らかにしなければ再発防止につながらない。国土交通相、官房長官の責任を明らかにしなければならない」と述べ、国交相らの責任は免れないとの認識を示した。 

|

« 素朴な疑問 | トップページ | 衆院予算案の仙谷氏の答弁 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事