« 烏賊ワタを使つたペエスト | トップページ | 誰が「まだ」支持してゐるのだ? »

2010年11月22日 (月)

確かに許せない


かういふ内容を示すのは産経だけなのかな? 
毎回思ふが、マスゴミには「自分らの視点」を明確に表明して、その視点に立つた主張を貫いてゐただきたいよな。

いきなり、反転することを平気で載せるからな。 

ある新聞記者の人が会社を離れた立場で書いてゐる著書に「記事の裏を読む」と書いてゐたが、全く同感といふか「この記事は何を意図してゐるのか」と考へて読んでゐます。さうすると、「いつ反転するだらう?」とか反転したときに「この逃げ道を確保するために、前回あんな記事を書いてゐたんだな」等思ふ。

マスゴミは官公庁の「広報」なのだ。しかし、民主党批判報道がボチボチ、出てきたところを見るとそろそろ・・・・・・かなと思ふ。が、マスゴミは常に自分らの利益を追求してゐるから自民党に大きく傾く報道内容が無いのはよく理解できる。

マスゴミに望むのは、「わが社は++庁と**党の広報です」と明確に宣言してもらひ、その役割を各社でそれぞれ貫いてほしい。
今更、キミたちに「ジャーナリズム」の役割など期待してゐない。なので、せめて購読者や視聴者に誠実に「立場」を宣言してくれ。そのはうが、社としての「報道(広報)の色」も際立つのぢやないか? 

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101121/plc1011212034007-n1.htm

航友会会長が「言論統制」と政権批判 民主党内からも撤回要求
2010.11.21 20:33
このニュースのトピックス:民主党
 
北沢俊美防衛相らの指示で自衛隊行事での民間人による政権批判を封じる防衛事務次官通達が出された問題 ← これ、大問題ぢやない??で、通達のきっかけとなる発言をした自衛隊のOBなどで構成する民間団体「航友会」の荻野光男会長(88)が21日までに産経新聞のインタビューに応じた。
「許せない」 ←確かに。航友会会長インタビュー

 荻野会長は通達を「民間人への言論統制で許せない」と批判。自民党政権時代にも首相の靖国神社参拝を求めるなど批判したが、「規制はなかった」と振り返り、「民主党政権を批判したから通達を出したと思う」との認識を示した。

 民主党政権で国の防衛がないがしろにされている現状に、「警鐘を鳴らしたかった」と強調。旧陸軍パイロットという戦争経験者として、「今の政治に求められているのは『国の守り』であると伝えていかなければ」とも語った。←同感。
 また、民主党の松崎哲久衆院議員が7月の航空自衛隊入間基地(埼玉県狭山市)での納涼祭で、車の呼び寄せをめぐり空自隊員とトラブルになり、「腹を立てていた」と指摘。このトラブルが通達の一因になったとの見方も示した。

一方、21日になり民主党内からも通達撤回を求める声が上がり始めた。ある民主党幹部は「ファシズムまがいの言論統制をした汚点として残すわけにはいかない」と述べた。自衛隊内でも「思想信条の自由を定めた憲法19条の精神に反する」(幹部)との批判がくすぶっており、防衛省は通達撤回の検討を余儀なくされそうだ。
←通達を出すやうに指示した大元が出てきて陳謝し、辞めるべき。
 

今月3日の入間基地での航空祭で、荻野会長は「菅(直人)政権をぶっつぶしましょう」と発言。←一票 これを受け、防衛省は10日付で通達を出し、自衛隊施設内での行事について、(1)政治的行為と誤解されることを行わないよう参加団体に要請(2)誤解を招く恐れがある場合は参加を控えさせる-などの対応策を指示した。

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101122/stt1011221411025-n1.htm
空自隊員「恫喝」の民主・松崎氏 政権批判発言後、基地司令呼び出す
2010.11.22 14:10
このニュースのトピックス:民主党

 自衛隊関連行事の来賓に政治的発言を控えるよう求めた防衛省の事務次官通達問題で、民主党の松崎哲久衆院議員が通達発出のきっかけとなった航空自衛隊入間基地(埼玉県狭山市)での協力団体会長の政権批判発言に関し、基地司令らを呼び出していたことが22日午前の参院予算委員会一般質疑でわかった。
←こいつか? 辞めろ 
 自民党の佐藤正久氏が、「(政権批判発言のあった航空祭の翌日の)11月4日に松崎議員から抗議があったのではないか」とただすと、北沢俊美防衛相は「その事実は後日、報告を受けた。事実関係を知りたいということだと思う。向こう(松崎氏)から呼び出しがあった」と明かした。

 また、その際には「入間基地司令と官房文書課長がうかがい、基地司令から祝賀会での協力団体会長のあいさつ内容を申し上げ、文書課長は政務三役の指示で、同じような事案が起こらないよう必要な対策を講じる旨の防衛省の方針を話した」と説明。「(松崎氏による)抗議ということではなかった」と佐藤氏の指摘を否定した。
 松崎氏は7月に同基地で行われた納涼祭で、車の誘導をめぐり隊員に“恫喝(どうかつ)”したとの指摘が出ている。

|

« 烏賊ワタを使つたペエスト | トップページ | 誰が「まだ」支持してゐるのだ? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事