« あたくしも、罪とは思ひません | トップページ | 大分お旅行更新終了ゐたしました »

2010年11月11日 (木)

首相が自ら認めた責任の所在を否定

Ponder 責任の所在を質問した、自民党小泉議員の行動に注目したい。(期待はしてない、自民党だし) 
全く話は変はるが、自民党のマスゴミの規制の弊害を受けてゐたフリージャーナリストが民主党に交代し、平野が官房長官をしてゐた際に閉鎖性が自民党と変はらない、仙谷は開放的だとと記述してゐたが、その人は今何を思つてゐるのだらう?
是非聞きたい。
閉鎖性どころか、国家の国益損ねる「隠蔽」そして「責任逃れ」を繰り返してゐる仙谷は、犯罪人と一緒だ。
2010年11月11日 21時51分 (2010年11月11日 22時07分 更新)
<尖閣映像流出>海保長官処分「起訴後に」 仙谷官房長官
 仙谷由人官房長官は11日の記者会見で、中国漁船衝突を巡るビデオ映像流出事件に関し、鈴木久泰海上保安庁長官の処分を判断する時期について「捜査が徹底して事実確定ができた時になろうかと思う。起訴することになれば最も確定的な時だ」と述べ、流出を認めた海上保安官への捜査の区切りがついた時になるとの見通しを示した。←それよりも中国の犯罪を起訴すべきだらう。マスゴミはもつとまぢめにやれよ。民主党だけでなく、マスゴミも全員日本国から出ていけよ。邪魔だよ。

 仙谷氏はまた、「政治職と執行職のトップの責任のあり方は違う」とした自身の発言に関し、「政治職もしかるべき処遇はあるが、次元が違う話だと考えないと、すべてが首相まで(責任が)行ってしまう」と語り、←きのふ馬菅韓漢が自ら責任の所在を認めたぞ。日本語理解できないなら、さつさと辞めて大好きな嘘つき民族大陸行けよ。間違つた理解を振り回されると迷惑だ 馬淵澄夫国土交通相ら閣僚への責任論の波及に予防線を張った。

|

« あたくしも、罪とは思ひません | トップページ | 大分お旅行更新終了ゐたしました »

経済・政治・国際」カテゴリの記事