« 京都お旅行更新中 | トップページ | 機種変更強制 »

2010年12月18日 (土)

国民年金「お得な割引制度」の怪

国民年金の「納付についてのご案内」を見ると、最初のおペイジに堂々と
「★お得な保険料の前納(まとめて前払い)がおすすめです!」とあり、
一覧表で割引額50円から2680円が表示されてゐる。

(;-ω-)ノ

訊きたいのだが、「割引」としてほとんどの人がこの制度を利用した場合、当然年金保険の税収は減る。

その減額分は、年金支払いが減るだけぢやないのか?
割引による減額分をどのやうに回収するのであらう?
それとも、割引いて支払つた人は年金額も割引かれるのであらうか?

「国民年金は『安心』で『お得』な制度です!」とあり
①老後をずつと支える終身の年金
②不測の事態に備える保険としての年金
③収めた保険料分は税金の負担が軽減
と列記されてゐるのだが。

((・(ェ)・;))

割引による減額分の支給に関する明記もなく、未だに年金記録が合致せづ、くだらない「定期便」に多額の税金を費やしてゐることを見れば、だう考へても「安心」で「お得」な制度とは思へない。

公務員の共済年金のことを「安心」で「お得」とイヤミを載せてゐるのではないだらうか?
しかも、アラを探せばこの「納付についてのご案内」書もカラー刷りで費用がかかつてゐるやうである。

一番税金をムダにした議員と公務員の給金と年金から、国の財源を補へ!

|

« 京都お旅行更新中 | トップページ | 機種変更強制 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事