« おめでたう | トップページ | 店員の言ふことは信ぢるものぢやないな »

2010年12月26日 (日)

目くそが鼻くそを笑ふ、実演内閣

真剣に、もふ政治と言ふ名を借りた「茶番」劇は要らない。

これだけ今まで税金の無駄があつただらうか? 

しかも、民主党の始末の悪いところは自分たちの欠点をトボケて他人を攻撃するところだ。仙谷と菅は、海上保安庁職員や長官を処分するなら、まづ自分たちが日本国民に土下座して辞めるべきだ。

党内のモメごとも論外だが、まづ、辞めるべき人間が平気で税金で給金を貰つてゐることを許してゐる民主党全体はクソ以下だ。餓えて死ね、苦しんで死ね、土下座して死ね    o(#゚Д゚)_‐=o)`Д゚)・;

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101226-00000407-yom-pol

仙谷氏「前例含めて考える」小沢氏離党に期待感

12月26日(日)19時22分配信

 仙谷官房長官は26日のテレビ朝日の番組で、民主党の小沢一郎元代表が自らの資金管理団体の政治資金規正法違反事件で強制起訴された場合の対応について、「(検察審査会の議決に基づくとはいえ)起訴は起訴だ。出処進退はご本人がお決めいただけると信じている」と述べ、小沢氏の自発的な離党に期待感を示した。

 民主党は27日午後の役員会で、菅首相も出席して小沢氏の国会招致問題を協議する。岡田幹事長は小沢氏の衆院政治倫理審査会出席に向けた議決手続きを進める方針を確認し、野党の求める証人喚問への対応も協議したい考えだが、意見集約は難航も予想される。

 仙谷長官は同番組で、小沢氏の秘書出身の石川知裕衆院議員(無所属)が事件に絡んで自発的に民主党を離党したことに触れ、「そういう前例も含めて考えなければいけない」と語り、小沢氏が起訴後も自発的に離党しない場合は離党勧告も含めて対応する考えを示唆した。
12月26日(日)19時26分配
<小沢元代表>菅政権の「脱小沢」路線批判
 民主党の小沢一郎元代表は26日放送のニッポン放送のラジオ番組で「明治時代のリーダーが偉かったのは、江戸幕府の中からもいい人材はどんどん登用した。トップリーダーに器量と人を見分ける目があった」と述べ、菅政権の「脱小沢」路線を批判。←よくわからないのだが、とどのつまりは「自画自賛」?? 「今の日本人は老いも若きも将来が不安。リーダーがこういう日本を作りたい、そのためにみんなで頑張ろうと自信を持って言えるようにしないといけない」←こいつが、散散他人を黙らせてきたといふ報道を見てゐるが、これは何? 自分はすべてよくて他人はすべてダメといふこと??? と首相の指導力に疑問を呈した。

 また、「政治とカネ」の問題について、「僕にも非難があるが、不正行為があればきちっと罰せられなければいけないのはその通りだ。←なら、きちんと出席しろ政倫審! こいつの発言を見てゐると、「すべて自分は良い!悪いのは他人」だな。 
(-゛-メ)
(ただし)そのときそのときで一人そいつを悪者にして(おいて)、肝心な仕組みや政策は全然改革されないで終わってしまう」←今まで金丸、角栄、その他全部あーたが見捨てて切り捨ててきませんでしたか? 次はおまへの番といふだけだろ。 と愚痴もこぼした。収録は22日に行われた。【葛西大博】

|

« おめでたう | トップページ | 店員の言ふことは信ぢるものぢやないな »

経済・政治・国際」カテゴリの記事