« びつくりした、秋田県つてのは人をイジめる奴が多いのか? | トップページ | 立派な内政干渉ぢやねえか »

2010年12月22日 (水)

けふの夢

福山 雅治さんと、友達になつてゐる。

バスに乗つて、福山さんの知り合いのところに一緒に行く。

Mini Bus

バスの行き先に関して、乗つてから乗り換へないといけないことを知る。乗り換へにトラブルはない。乗客に訊いたかもしれない。

バスは、レインボーブリツジのやうに曲がりくねりつつ、周囲は住宅と川の見へる大通りを走つて行く。

バスを降りて、福山さんの知り合いの家に行くが、家には誰もゐない。福山さんは自分の家のやうに無人の家に入り、家の中を行き来する。そして、「この部屋で寝ていひよ」と言ふ。福山さんは別の部屋へ消へる。

部屋にゐて寝やうとするも、トイレに行きたくなりトイレを探すが、わからない。

「福山さん」と声をかけて探すと、いつのまにか家の婦人がゐる。婦人は「福山さんのお友達?」と声をかけてくる。福山さんは別の部屋でくつろいでゐる。

婦人がトイレを教へてくれるのだが、トイレは押入れの中にある。

そして、そのトイレは和紙といふか千代紙にて装飾された箪笥であり、箪笥の引き出しを開けてそこに用を足す。

|

« びつくりした、秋田県つてのは人をイジめる奴が多いのか? | トップページ | 立派な内政干渉ぢやねえか »

」カテゴリの記事