« やつと、ダビングできた  | トップページ | ダビングしながら、再度観て実感した、「市川海老蔵」の魅力 »

2010年12月30日 (木)

けふの夢

きのふも夢を見たが(だうでもよくなつたので書かなかつたが)、けふの夢もうろ覚へ  I Can't

まづ、けふの夢

お会社に勤め始めた

そのお会社は、大会社のグループ企業のやうな感ぢで、基本大会社(本社)があり自分たちがゐる。そのお会社の社長はフランス人(見た目はジャン・アレジとサルコジを併せたやうな容貌)である。

お会社の社員(辞めた会社の人によく似た人たちがゐる)らが、席に案内してくれる

自分の担当の仕事は無いらしい・・・・・・  Sad

しかし、自分は気にしてゐない。 社長が外出する前に話しかけてくる。社長は話しかけてくるだけでなく、肩を抱くやうな振る舞いもしてくる。夢の中では「セクハラすれすれ」と思ふが抗議はしない。 社長は気にかけてくれてゐるやう。

なんだか、お会社の規則が色々あるが、あまり気にしてゐない。

ついでにきのふの夢は、辞めたお会社の女が出てきて和風のややみずぼらしい家に居るがそれを訪問する。

その女の家のすぐ近くに喫茶店のやうなところがある。そこは二階建てのかふぇで中々お洒落である。しかし、トイレが学校のトイレのやう。その女とかふぇに行くが、飲食はせづトイレに入ると、トイレの個室が3畳から4畳半くらいの広さであり、便器から汚物が個室内全部にはみ出てゐる。

はみ出てゐるが、室外に汚物が溢れることはない。 が、建物の揺れに併せて汚物が揺れる。

|

« やつと、ダビングできた  | トップページ | ダビングしながら、再度観て実感した、「市川海老蔵」の魅力 »

」カテゴリの記事