« 櫻井よしこさんは素晴らしひ | トップページ | 辞める理由とタイミングが違ひすぎ!!しかしとにかく辞めろ »

2010年12月29日 (水)

某空港で、見た!!

配布の場面を見たのではなく、「実際にバツジをつけてゐる人たち」を某国の空港で見た。

肖像のバツジをほんたうに作つてゐる、しかも襟につけてゐるとは思はなかつたのでびつくりした。 ( Д) ゚ ゚

バツジは日成氏の肖像だつた。 あの人たちは、↓ の新バツジに付け替へるのだらうか?

12月29日(水)7時57分配信 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101229-00000110-san-int

金正恩バッジ、軍将校に配布 北“三代世襲”確立狙う

北朝鮮当局が、金正日総書記の後継者の三男、金正恩(ジョンウン)党中央軍事委員会副委員長(28)らの顔を描いた「金正恩バッジ」を朝鮮人民軍将校に 配布し始めたことが28日、分かった。バッジは背後に金総書記と故金日成主席が並ぶ形のもので、“三代世襲”の確立を軍上層から浸透させるのが狙いとみら れる。

 北朝鮮の民主化に取り組む日本のNPO「救え!北朝鮮の民衆/緊急行動ネットワーク」(RENK)の複数の北朝鮮内部協力者が目撃した。今月下旬から配 布が始まり、将校らに常時、胸への着用を義務付けているという。こうした公式バッジの登場は、忠誠の証しとして北朝鮮の全国民に着用を義務付けている「金 日成バッジ」以来。

 バッジは右から正恩氏、金総書記、故金主席が並び、正恩氏の顔が最も大きく描かれ、その背後に2人の顔が続く横長の形。マルクス、エンゲルス、レーニンが並ぶ旧ソ連時代にロシアで描かれた肖像画と同じ構図を取っており、「代を継いだ革命」を印象付ける狙いもあるようだ。

 RENK代表の李英和(リヨンファ)関西大教授は「正恩氏単体では押し出せず、祖父らの威光を借りて権威付けする必要があったのだろう。将校から配布したことから、まずは軍を押さえる意図もみえる」と分析している。

 準備が進んでいると伝えられている正恩氏、金総書記、故金主席が並ぶ肖像画については、いまだ住民らへの全戸配布は確認されていないという。

|

« 櫻井よしこさんは素晴らしひ | トップページ | 辞める理由とタイミングが違ひすぎ!!しかしとにかく辞めろ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事