« めんつゆと柚子胡椒 | トップページ | なんだか勝手に製品更新してゐる・・・ »

2010年12月27日 (月)

日本を危機的状況に置いてゐるのは民主党と仙谷、おまへらだ!

仙谷、ば菅韓漢は日本国民に土下座して早く死ね 
厄払いはおまへらの死だ、最近とみにさう思ふ

 http://www.jiji.com/jc/zc?k=201012/2010122700261&rel=y&g=pol

社民連携との両立可能=「日本の危機感共有なら」-仙谷官房長官

仙谷由人官房長官は27日午前の記者会見で、菅直人首相が連立参加を打診したたちあがれ日本と、連携を呼び掛けている社民党の間には政策面の隔たりが大きい ← え?? 反日で隔たりどころか一体ぢやないですか? やはり日本人で無い人は日本語がきちんと正しく使へないのですね~、マスゴミ、おまへらも同罪だ。 ことについて「違いを強調するより、日本の置かれた状況に大きな危機感を共有できるかだ。日本の未来への展望も共有できればあらゆる可能性はある」←「危機感を散散増加させたのはおまへとバ菅韓漢と民主党だ と述べた。
 また、たちあがれ日本との連立が実現した場合の内閣改造の可能性に関しては「連立となれば、当然大きいか小さいかは別にして(ある)」と語り、改造を伴うとの認識を示した。 (2010/12/27-12:55)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010122700267&j1

民主との連立、拒否を確認=平沼代表「参加考えぬ」-たちあがれ

たちあがれ日本は27日昼、党本部で緊急議員総会を開き、菅直人首相から打診された連立政権参加への対応を協議し、打診を断ることを決めた。

打倒民主党を掲げた立党の経緯や政策面での違いに加え、求心力を低下させた菅政権との連立に踏み切ることは、有権者の理解を得にくいと判断。平沼赳夫代表が、打診に応じないことでまとめた。←平沼氏が拒否する以前に、自分等を否定してゐる政党に「一緒にやりませう」ともちかける民主党がキチガイそのもの。これだけ見ても、民主党は消滅すべき。

 総会終了後、平沼氏は記者会見し「今の政治が危機的状況にあるのは事実だが、連立は考えていない」と明言。また、園田博之幹事長は「民主党政権にこれから何年も任せられない」と述べた。

 総会に先立ち、平沼氏は同日午前、打診を断ることで党内をまとめたいとの意向を周囲に明らかにした。総会では、与謝野馨共同代表だけが参加を主張した。←だういふ理由で、賛成??

 たちあがれ日本に所属する国会議員は6人。園田氏のほか、藤井孝男参院代表、中山恭子参院議員は反対の立場。片山虎之助参院幹事長も慎重姿勢を示していた。 
 これに対し、財政再建論者の与謝野氏は、消費税引き上げに意欲を見せる首相と考え方が近く、参加に前向きだった。与謝野氏は同日午前、都内で記者団に対し、首相からの連立参加の打診を認めるとともに、←与謝野、おまへ一人民主党に行つて死ね。増税の前に、民主党が外国人に対してバラまいてムダにした税金について批判すべき問題を素通りし増税に賛成とは笑止千万。 平沼氏の入閣を求められたことを明らかにした。
 

与謝野氏は先月18日と今月4日に首相と会談しており、この場で平沼氏の入閣などを打診されたとみられる。与謝野氏によると、これを受け、与謝野、平沼両氏は22日に、民主党の岡田克也幹事長と会い、「拉致問題解決のため、拉致家族に信用のある平沼氏の協力が必要だ」と入閣要請があった。(2010/12/27-14:02)

|

« めんつゆと柚子胡椒 | トップページ | なんだか勝手に製品更新してゐる・・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事