« 以前よりうんざりしてゐましたが | トップページ | 見た夢 »

2011年1月10日 (月)

何をしやうと、おまへら民主党は日本の邪魔。給金還して日本から出てけ

いつまで続く、茶番劇 `;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

http://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/snk20110110069.html

枝野官房長官で調整 内閣改造 大畠経産相交代へ

産経新聞2011年1月10日(月)08:00

 菅直人首相は9日、17日に実施予定の内閣改造・民主党役員人事の調整を続けた。参院で問責決議を受けた仙谷由人官房長官の後任人事をめぐり、首相は枝野幸男幹事長代理を起用する方向で調整を始めた。12日の両院議員総会や13日の党大会の情勢を見極め、最終判断する考え。

 官房長官には野田佳彦財務相を推す声もあったが、野田氏は固辞する意向を示し、財務相続投が内定。玄葉光一郎国家戦略担当相←嘘つき民族に一言もきちんと言ひ返せ無い奴が、「国家戦略担当」 ( ´艸`)プププ (党政調会長)も官房長官を固辞する考えを首相側に伝え、留任が固まった。

 一方、首相は、大畠章宏経済産業相を交代させる方針を固めた。首相が重点政策に位置付ける環太平洋戦略的経済連携協定(TPP) について、党内の反発が強まると大畠氏は慎重姿勢に転じた。首相は4日の年頭記者会見で6月をめどにTPP参加を判断する考えを示したが、大畠氏は「難し い情勢はある」となお消極姿勢だったため「交代やむなし」と判断した。後任は通商政策に明るくTPP推進派の起用を検討している。

 首相は9日午後、首相公邸に野田氏と財務省幹部を招き、28日召集予定の通常国会に提出する予算関連法案などの説明を受けた。野田氏は5日の財務 省での年頭訓示で消費税を含む税制抜本改革について「政治生命をかけて実現したい」←汚沢はぢめとした、民主党嘘つき民族の常套枕詞 と語っており、続投は既定路線となりつつある。

 これに先立ち、首相は衆院議長公邸で横路孝弘衆院議長とも人事をめぐり意見交換した。

 官房長官人事をめぐっては、首相の信任の厚い←これだけで国民の信任なし 北沢俊美防衛相の起用も浮上したが、首相は、ねじれ国会をにらみ、参院民主党の重要ポストで処遇し、輿石東(こしいし・あずま)参院議員会長に代わる事実上のまとめ役とすることを検討しているとされる。

|

« 以前よりうんざりしてゐましたが | トップページ | 見た夢 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事