« また・・・・ | トップページ | The Apples »

2011年4月20日 (水)

身近な問題となつてきた

マンションに、携帯会社から基地局設置の依頼が来たらしい。

月7万くらいの使用料金を払ふとのこと。

マンションの不利益などは書いてなく、基地局設置しつづけることに対する物件への負担もなしとのことであつたが

ばかだなぁ、と思つたのは設置するところにすぐの居住の最上階の住人に説明をしてなかつたこと

Ouch  この住人の人は、かなり怖い

この人は、全住戸のポストに「設置反対の御願い」と題する書面をつくり配布した。

みたら・・・

健康被害、資産価値下落の危険性が書いてある

Shock  色々みたら・・・

↓ 怖い記述・・・ 

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10359785512.html

自分も携帯を使つてゐるけど、原発と一緒で皆便利さには与りたいけど、危険を負担するのはいやなのだ・・・ 「いや」と言ふと語弊があるが、負担はなるべく軽くしたいのが本心であり、なおかつそれが健康被害といふ、自己防衛を刺激する事項に該当すれば、拒否するのは普通の反応だ・・・・

今回の原発の問題は、危機管理が出来てないことによる完全な人災だと思ふ。しかも現場作業員の方々のみ負担を強いて、肝心の「決めた人たち」は書類の上で現場無視でやつてをり、高い給金を得てゐる。 原発が悪いといふより、危険物をきちんと取り扱ふ手順を確立してゐなかつた管理者の落ち度だと思ふ。

携帯電話の基地局・・・ これは、安全性といふよりも電波が飛び交ふことによるもので発するから、設置したら設置した側はそれでお仕舞い、といふことなのか?健康被害が出た段階で因果関係がだうのとかホザゐて逃げるのだらうか?

管理会社は、ヘタをすれば訴えられるだらう。。。。と思ふ。そのくらいのことはこの最上階の住人はやる。

とりあえづ、こんな危険なことを管理会社は住民に説明せずに進めたことにむッとした。

|

« また・・・・ | トップページ | The Apples »

だうでもいひ話」カテゴリの記事