« 別に笑い転げてない、放送する側の問題だ | トップページ | 民主党O議員のひどさが露呈したそして義援金使途の件 »

2011年4月 9日 (土)

だうやつて、生活してゐけばいひのだらう・・・

文句や不満を言ふわけではないが、下記を読んで考えた。
((・(ェ)・;))

生活費ベエスで考えると、一ヶ月の生活費を基準に考えたら、「今後生活できるのか」とかなり不安・・・・

仮設住宅に入つたらあとは自活して、といふおにゅーすを見た。仕事先そのものが無くなつたりしてゐれば、収入が無いのにだうすればよいのか?

働き口も、そう簡単に出来るものでもなく・・・・ 
。゜゜(´□`。)°゜。

生活保護になるのか・・・? 現実問題として政府が何をだう対処するつもりなのか、全然見えない。

復興とかなんとか言ふなら、まづ、被災地の人たちの生活支援と雇用その他、明日への生活の糧をだう政府が支援するのか具体策をあげるべきではないのか・・・・?

神戸の人たち、だうしたのだらう・・・・? どんな支援があつたのだらう? 全然報道されなかつたけど、あすこまで復興させた神戸の人たちはすごい・・・ 

http://www.jrc.or.jp/oshirase/l3/Vcms3_00002140.html 

被災都道県への第1次分の義援金配分割合が決定しました

11/04/08 

 (前略)
 この委員会で、被災状況に応じて、それぞれの 被災都道県への義援金の配分割合が審議され、決定しました。具体的には「住宅全壊・全焼・流失、死亡、行方不明者は35万円」、「住宅半焼、半壊は18万 円」、「原発避難指示・屋内退避指示圏域の世帯は35万円」を基準として、これに対象世帯・対象者数を乗じた額を各被災都道県に配分することになりまし た。(後略)

|

« 別に笑い転げてない、放送する側の問題だ | トップページ | 民主党O議員のひどさが露呈したそして義援金使途の件 »

だうでもいひ話」カテゴリの記事