« 刺し身のツマ炒め | トップページ | 花見新酒 »

2011年4月17日 (日)

備えあれば憂いなし 

 http://www.excite.co.jp/News/science/20110417/Kyodo_OT_MN2011041701000304.html
福島原子炉、安定に6〜9カ月 東電が事故収束へ工程表                                                  

            2011年4月17日 15時21分             (2011年4月17日 19時28分 更新)                         


東京電力は17日、福島第1原発事故の収束に向けた工程表を発表し、1〜3号機の原子炉を安定状態に持ち込むには、6〜9カ月程度かかるとの見通しを示 した。いずれ1〜4号機の原子炉建屋の外側をコンクリートの屋根と壁で覆うという。海江田万里経済産業相は同日、第1原発が安定状態になった後に、計画的 避難区域と緊急時避難準備区域を見直す考えを示した。工程表には段階別に計約60の対策を盛り込んだ。だが実現可能性や実効性、スケジュール通りに進むか などは不透明で、想定通り福島第1原発を安定化できるかは、予断を許さない状況だ。東電の勝俣恒久会長は、経営責任を認め、清水正孝社長とともに引責辞任 する考えを示した。勝俣会長は「原子炉と使用済み燃料プールの安定的冷却状態を確立し、放射性物質の放出を抑制することに全力で取り組む」と述べた。対策 にかかる費用は不明という。←テレビで、原子力安全委員会だかどこだか国の機関が「金がかかる」ことを理由に拒否と思へるコメントをしてたのを紹介してたが、そんな理由で十分な安全対策をしてゐなかつたのなら、ほんたうに本末転倒といふか、「備えあれば憂いなし」を示したものだと思ふ。

http://www.excite.co.jp/News/economy_g/20110417/Kyodo_OT_MN2011041701000561.html

東電、外部からトップ起用も 福島原発事故で経営陣刷新 ←気になる退職金。平気で貰ひさう。本来なら個人資産も売ッ払ッて賠償に充てるべき。

                                                 
            2011年4月17日 18時26分             (2011年4月17日 18時29分 更新)                         


東京電力の勝俣恒久会長は17日、記者会見し、福島第1原発事故の責任を取り、引責辞任する意向を表明した。清水正孝社長も退任する。後任の経営トップは 外部から起用する可能性もある。東電は経営陣を刷新して事故対策を続け、被害を受けた住民らに賠償する。勝俣会長は自らの進退について、6月下旬にも予定 されている定時株主総会で「原則的には退任するものと思う」と指摘。清水社長についても「(辞意は)同じだと思う」と語った。後任人事は「内部昇格か外部 から招くか、どうあるべきかも含めて白紙だ」と話した。辞任時期に関しては、福島第1原発で深刻な事態が続いていることから「(会長、社長が)ともに辞任 するか、片方が残る方がいいか、悩んでいる」とも述べ、2人の辞任時期をずらすことがあり得るとの見方を示した。

|

« 刺し身のツマ炒め | トップページ | 花見新酒 »

あきれ果てる話」カテゴリの記事