« 遅すぎ | トップページ | 東京タワーの照明 »

2011年4月23日 (土)

不公平だと思つてゐました

現金だけぢやない。

芸能人が炊き出しに行つた、と報道される避難所は限られてゐるやうに同ぢ地域であり、しかも「行きやすい」人口集中都市であつた。

だから、某軍団が1週間炊き出しやりました、と報道されたのを見て「同ぢ地域で1週間?ここに来られない人はだうなるの?1週間も東北地方にゐるならせめて各地回つたらだうなのか?回れないのか?」と思つてをりました・・・・

(炊き出しそのものを否定する意味は無く、なぜいつも片寄つた、同ぢ地域のみ行なはれたと報道されたのかと思つてゐました)

Ponder

炊き出しが行なはれない地域から見たら、この問題と同様に「不公平」と感ぢたに違ひありません。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110423-00000651-yom-soci

全部で5千万円以上?避難所で現金配る2人組

東日本大震災で被災した宮城県石巻市の避難所に「西日本有志の会」「西日本小売業協会」などと名乗る男性2人組が現れ、避難住民に直接現金を配ったことが23日、わかった。

市が同日、災害対策本部会議で明らかにした。

 市によると、2人組は21、22の両日、市内の避難所計6か所で3万円ずつ茶封筒に入れた現金を避難住民に配ったほか、市牡鹿総合支所で、職員に3万円の茶封筒約170通、計約500万円を渡していった。総額は5000万円以上とみられる。避難所の職員が「やめてください」といって断っても配り続け、その後立ち去ったという。

 話を聞きつけたほかの被災者からは「不公平だ」と訴える電話が市に寄せられており、市は「志はありがたいが、被災者に公平に配れる義援金として送ってほしい」と呼びかけている。

(2011年4月23日20時44分  読売新聞)

|

« 遅すぎ | トップページ | 東京タワーの照明 »

だうでもいひ話」カテゴリの記事