« もふ嘘はたくさん  (#`Д´) | トップページ | 拝見すると、怒りが沸きます »

2011年5月18日 (水)

歓迎すべきこと

尖閣諸島領海侵犯事件が「憲法改正が必要」と示した好例であらう。

憲法9条といふ、「日本が攻撃できない」足かせを見て他国の領海領土に侵犯してくる輩がゐる以上、自国民を護るための法改正は是非とも必要である。

これでまた、非現実的な嘘つき民族の社民共産は「軍国主義への前進」とかなんとかホザくのであらうが、

おまへらは「日米安保反対」「自衛隊反対(違憲)」と現在の防衛に関することをことごとく拒否し、尖閣諸島領海侵犯事件ビデオが流出するまで「コツンと当たつた」などとウソまでホザき、日本国の邪魔をしてゐるが迷惑だ。

おまへらのやうな存在を、「政治の世界に入り込んで国を侵略してゐる、間接的侵略行為者」と言ふのだ。よく認識しろ。

(゚⊿゚)イラネ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110518-00000041-jij-pol

5月18日(水)11時28分配信  
憲法審規程を制定=改憲制度整う―参院

参院は18日午前の本会議で、憲法審査会の運営手続きを定めた規程を、民主、自民、公明各党などの賛成多数で可決、制定した。共産、社民両党は反対し た。衆院は2009年6月に規程を整備しており、07年5月の国民投票法の成立から4年を経て、憲法改正原案の審議から国民投票の実施までに必要な制度が 全て整った。
 自民党の中曽根弘文参院議員会長は討論で「規程整備だけでは意味がない。国民に開かれた形での議論が必要不可欠だ」と表明。社民党の福島瑞穂党首は「大 災害の中で、どさくさに紛れての規程策定には強く抗議する」と批判した。民主党は党内に異論があることを踏まえ、賛成討論を見送った。 

|

« もふ嘘はたくさん  (#`Д´) | トップページ | 拝見すると、怒りが沸きます »

経済・政治・国際」カテゴリの記事