« 民主党は、アタマが悪いがせめて政策はアタマのいひ人の意見聞け | トップページ | 全く同感 »

2011年10月12日 (水)

10月10日 「除染に関する基本方針案骨子」に関して「本当ふざけた国」 小出裕章

10月10日 「除染に関する基本方針案骨子」に関して「本当ふざけた国」 小出裕章

http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/10/11/tanemaki-oct10/

小出助教授のするどい指摘

1.国は当初年間1ミリシーベルトを被爆線量の上限としてゐたのに、いきなり10倍の量を被爆上限とした

2.セシウム134の半減期が2年なので、ほッたらかしにしても2年経てば半減する。つまり、何もしなくても減ることを「減らす」といかにも対処するやうに言つてゐる

3.子供に対して8ミリシーベルト被爆上限、今までの8倍を子供に対して適用

4.環境省が発表すれば「環境省お墨付き」となることを狙ッた「とんでもない内容」

5.焼却処分するにしても、現行の焼却炉ではなくフィルタを設置する → フィルタ等の費用は東電が払ふべき

6.福島第二原発をガレキの処分場にすべき

7.東電は倒産して当然だが、それまでにすべての処理を負担すること

8.福島第一原発は今後コンクリで固める必要があるが、その土台にすればよい

|

« 民主党は、アタマが悪いがせめて政策はアタマのいひ人の意見聞け | トップページ | 全く同感 »

あきれ果てる話」カテゴリの記事