« NYデモ思ふこと・・・ | トップページ | 必見:【稲田朋美】9.26 衆院予算委員会、野田首相の政治信念を質す! »

2011年10月11日 (火)

解散総選挙して「空白」期間作つても、変はつたはうがいひよな、政権

呆れました

まあ、震災直後から思つてゐたけどね。「国」が何もしてないな・・・といふのは。

でも、それでゐて「税金で給金」得てるのは「詐欺」「泥棒」と思ふんだよね。

しかも以前もおホザキしたが、阪神淡路大震災で「国の縦割り行政がネツクになつた」のがわかつてゐるのに、それを是正して来なかつた当時の議員全員、有罪だよね

解散総選挙しろ   

++人、には日本人の真似は氏名くらいしか無理なんだな

Shoot Me Thumbs Down

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20111010/286763/?ST=business&P=1

猪瀬直樹の「眼からウロコ」

がれき処理、国がやらないから東京都がやる 

国を当てにしていては被災地の復旧・復興は進まない

2011年10月11日 

 東京都は東日本大震災で発生した岩手県内のがれき受け入れを決めた。東北以外での被災地のがれき広域処理第1号となる。国のタテ割り行政が滞るなか、地方のヨコの連携で復旧・復興を進めていく。

細野大臣は「除染技術カタログ」のことを忘れた?

 9月3日に、緊急時避難準備区域の指定が解除されたが、放射能に汚染された表土を取り除く除染について、国はいまだに具体策を示していない。6日の参議院震災復興特別委員会では、つぎのようなやり取りがあり、国の準備不足が露呈した。

佐藤信秋議員(自民党) 放射性物質の「除染技術カタログ」を提供すると、政府の原子力災害対策本部が8月26日の「除染に関する緊急実施方針」で示しています。この除染技術カタログというのはいまできているんですか、できていないんですか、どっちでしょう。

細野豪志環境大臣兼原発事故担当大臣 ← 下半身くらい、頭脳も使へ 8月26日に除染に対する考え方と、緊急実施基本方針を決めております。それとあわせて除染実施ガイドラインというのを出しておりまして、そのなかでは、たとえば生活圏の除染のあり方ですとか、学校や保育所、公園などの除染のあり方ですとか、道路についてであったりと、それぞれおよその考え方を提示しております。ただ、まだこれでは具体的ではないということで、いま先生がカタログとおっしゃいましたけれども、そういう具体的なものを示すべきだというお考えの方がたくさんいらっしゃいます。できるだけわかりやすいものを作りたいと考えております。

佐藤議員
 いや、私が言っているということではなくて、この緊急実施方針に、「継続的に除染技術カタログを提供します」とあるから、私は聞いているんです。そして、じつはガイドラインなるものがどれだけの意味があるのか。現地ではあまり使えません。一方、技術カタログで言っているのは、どういうやり方なら費用がどのくらいかかって、効果がどのくらいかというようなことを含めて出しますよ、と書いてあるんですね。だから早く出してくださいと言っているわけで、ガイドラインで済むという話では全然ありません。

|

« NYデモ思ふこと・・・ | トップページ | 必見:【稲田朋美】9.26 衆院予算委員会、野田首相の政治信念を質す! »

あきれ果てる話」カテゴリの記事