« 東京駅から銀座へ | トップページ | 無責任に抗議だけするのはだうかしてゐる »

2011年10月15日 (土)

何を目指してゐるのか?

「格差のない社会」

これは、何を目指してゐるのか? 

資本主義であるならば、「格差」が出るのは通常のことである。

「格差をなくし、全員平等の社会」を目指してゐるのか? とどのつまり、共産主義を目指してゐるのか?

イマイチわからない。

しかし、共産主義の現実を考慮してゐるのか? 共産主義は、現在残つてゐる国も以前あつた国も「一党独裁」「世襲の独裁」となり、「独裁者」に取り入つた人々は豊かな暮らしが出来たがさうでない一般「人民」は「格差」の下層に存在してゐた。

何を目指してゐるのか?

ほんたうにわからない ・・・・・・

しかも、全く関係のない「脱原発」の幟があることにも驚き。この人たちは、自分たちの「主張」がないけど、暮らしがキツイし年金も先送りになるし、アメリカでやつてるし・・・と思つてやりだしたの?

アメリカに呼応してデモをするなら、民主党の無策政治による日本国内の問題終了を主張すべきであらう。

民主党占拠したはうが、「現在の格差」の責を問ふのにいひと思ふんですよね・・・ 民主党とこれまでのすべての害の原因を作つてきた自民党と他の政治家たち。 ここを言ふべきだと思ふのだが・・・・

アメリカが金融街でやつてゐるのは、金融関係の人たちが高給を得、損失を公的資金で賄つてゐることに怒つた人たちだからだ。 

それをわかつて、「国際アクションデー」を見てデモを起こしたのか全然わからないデモ隊の主張だつた。 

脱原発は全く別問題だ。なぜ一緒になつてゐるのか?

理解してない人が、自分勝手な主張を持ち込んでデモしただけ・・・・?

ウジフジテレビに続く、中韓のスパイNHKのおにゅーすにも驚いたわ。このデモ報道するのに、「最初に半島」を映して報道し、次に米国最後に日本だつたよ。さすが、提訴される「反日内容」の番組を作成するだけあります。

受信料を払ふのはやめやう。 

http://www.excite.co.jp/News/society_g/20111015/Mainichi_20111015k0000e040065000c.html

<米市民デモ>「東京を占拠せよ」都内でも呼応してデモ

2011年10月15日 13時07分 (2011年10月15日 15時19分 更新)
 経済格差の拡大に抗議する米国の運動「ウォール街を占拠せよ」に呼応したデモや集会が15日、日本でも始まった。東京都内では、若者らが「OCCUPY TOKYO!(東京を占拠せよ)」と書かれた横断幕を掲げてデモ行進した。

 米国の運動の参加者らは、15日を「国際アクションデー」と位置づけ、世界中で行動を起こすよう呼びかけている。インターネット上には、日本での参加者を募るサイトが複数開設されており、都内では少なくとも三つの集会やデモが計画されている。

 東京都千代田区の日比谷公園周辺では、正午過ぎから数十人が「貧困撲滅」や「脱原発」などと書かれたプラカードを掲げながらデモ行進した。中心メンバーの一人で東京都墨田区の元会社員、松永健吾さん(43)は「世界のムーブメントに日本だけ乗り遅れるわけにいかない。← だから主張がバラバラ?? 一人の力は小さいが、一人一人の声に耳を傾け、大きな力にしていきたい」と語った。

 ツイッターを見て参加した横浜市の自営業、村上今朝男さん(62)は「周囲で仕事がない人が増えているが、若い人があまり声をあげないので応援しようと思った」と話した。【長野宏美黒田阿紗子
  

|

« 東京駅から銀座へ | トップページ | 無責任に抗議だけするのはだうかしてゐる »

だうでもいひ話」カテゴリの記事