« 講演会に行つた | トップページ | いかづち隊員のヒトトキ »

2011年10月21日 (金)

読売の常識のなさと頭の悪さがわかつた

これ、マスゴミと呼ばれる大手新聞の記者の実態を知るいひ動画かもしれない。

質問して汚沢が返答してゐるときに、返答を聞かずに返答してゐる側からあれこれ言ふ読売の記者。

司会者から制止されるも、行動を改めなかつた読売の記者

といふことで、終了後に岩上氏と上杉氏がこの記者に

「相手が話してゐるときは黙つて聞け」
「自由報道協会が主催し、入場するときにここのルウルを話してゐるのだからルウルに従え、読売の主催か」
「相手が話してゐる最中に質問を浴びせたり自分の意見を言つたら、返答が聞こえずに国民はわからない。」
「返事に余計なことがかぶッてたら、記者会見として使へない」

と言ふことを抗議した。

とどのつまりは、読売の記者は「相手が話してゐるときに聞かずに、自分の意見やら質問を重ね、制止されてもやめずに記者会見の邪魔をした」といふことのやうだ。

しかし、読売の記者はあれこれ言ひわけやら司会者のせいにしたりして、全然話が通じない。

なんだろ。

大手新聞の記者ッて、ろくに相手の話を聞かないからワケわかんない記事書くのか。増してや取材しないで憶測で記事を書くらしいな。(古賀氏が大阪府知事だかの選挙に出馬するしないを当人に取材しないで「前向きに検討」と書いたのも読売らしい)

http://news4vip.livedoor.biz/archives/51835625.html

2011/10/20(木) 19:50:30.45 ID:HZVLpuJy0 [1/2]

「ルール破り」読売記者にフリージャーナリストら詰め寄る 小沢元代表会見で「場外乱闘」

 自由報道協会が主催する小沢一郎元民主党代表の記者会見が2011年10月20日、都内でおこなわれた。
この会見では、読売新聞の記者が司会者の制止に応じず質問を繰り返すなどの「ルール破り」をしたため、
会見終了後、フリージャーナリストの上杉隆氏、岩上安身氏らがこの記者に詰め寄る一幕があった。

 会見で読売新聞の記者は、小沢元代表に陸山会をめぐる政治資金規正法違反事件に関する質問をした。
また、この質問に小沢元代表が答えている途中、割り込むように質問を重ねた。
これに対して司会者が、「申しわけございませんけれども、質問は1人ひとつなので」などと再三注意するが、記者は質問を繰り返した。

 このやりとりに憤慨した自由報道協会の上杉隆氏と岩上安身氏(いずれもフリージャーナリスト)は会見終了後、

「私たち主催の会見のルールで司会者の指示に従うということが決まっている。
あなたはそれに従わなかったのでルール違反」(上杉氏)

「ここはあなたと小沢さんの対話のために設定されていない」(岩上氏)

などとこの記者に詰め寄り、会場は一時騒然となった。
動画 ↓ 一時間5分過ぎから、問題の記者とのやりとりhttp://www.ustream.tv/recorded/17988384

|

« 講演会に行つた | トップページ | いかづち隊員のヒトトキ »

あきれ果てる話」カテゴリの記事