« 10月10日 「除染に関する基本方針案骨子」に関して「本当ふざけた国」 小出裕章 | トップページ | 鉢呂前経産相の「放射能つけちゃうぞ」発言は虚報だった! »

2011年10月12日 (水)

全く同感

今、「チェルノブイリの森」を読んでゐるが、ベラルーシは放射線癌の患者が多数出たところであり、国としてもかなりの汚染地域がある。

小出助教授もラヂオで発言されてゐたが、ほんたうに「民主党政権はキチガイ」

http://www.excite.co.jp/News/society_g/20111012/Jiji_20111012X413.html

日本の規制値「理解できない」=ベラルーシの放射能専門家

2011年10月12日 19時16分

 旧ソ連(現ウクライナ)のチェルノブイリ原発事故による放射能の影響を調べているベラルーシの専門家ウラジーミル・バベンコ氏が12日、日本記者クラブ(東京都千代田区)で記者会見した。東京電力福島第1原発事故を受け、日本政府が設定した食品の暫定規制値が高過ぎるなどと指摘し、「日本の数値は驚きで、全く理解できない」と述べた。

 ベラルーシはウクライナの北隣に位置し、チェルノブイリ事故後、元原子力研究者らが「ベルラド放射能安全研究所」を設立。住民の被ばく量検査や放射能対策指導などをしており、バベンコ氏は副所長を務めている。

 バベンコ氏は、ベラルーシでは食品の基準値を細かく分類していることや、飲料水の放射性セシウムの基準値が1リットル当たり10ベクレル(日本は同200ベクレル)であることなどを紹介。「日本でも現実の生活に即した新しい基準値を設けられるはずだ」と語った。 

|

« 10月10日 「除染に関する基本方針案骨子」に関して「本当ふざけた国」 小出裕章 | トップページ | 鉢呂前経産相の「放射能つけちゃうぞ」発言は虚報だった! »

あきれ果てる話」カテゴリの記事