« いかづち隊員のヒトトキ 続  | トップページ | 10月10日 「除染に関する基本方針案骨子」に関して「本当ふざけた国」 小出裕章 »

2011年10月12日 (水)

民主党は、アタマが悪いがせめて政策はアタマのいひ人の意見聞け

民主党ッてのは、ほんたうにアタマ悪いですね。

「安全」と示したいなら、無料招待ではなく放射能汚染地域を正しく表示し除染活動に勢を出すことです。

そんなこともしないで、無料招待など抜かすから、かういふデエタが出るのです。

こんなデエタが出て、くる人はほんたうにバカですね。 Bird On Head

てか

これ、関東圏に住んでる人で避難しやうと考えた人もゐるんぢやないでせうか?

国の怠慢と無策がモロ出しだが、国民が国といふか民主党のバカン政権から現政権までの個人を相手に訴訟を起こしてもいひ問題のやうな気がする。

2代の内閣閣僚個人個人への訴訟ッて聞いたこと無いけど、ここまで来ると「この無策」に対して税金をムダにした「損害賠償請求」起こすのが可能に思へます。

http://www.excite.co.jp/News/society_g/20111012/Mainichi_20111012k0000e040037000c.html

<放射性物質>横浜でストロンチウム検出 80キロ圏外初

2011年10月12日 11時24分 (2011年10月12日 12時30分 更新)
 横浜市港北区のマンション屋上で、放射性物質のストロンチウムが検出されたことが、民間分析機関の調査で分かった。同市は調査結果を受けて再検査を始め、近く結果がまとまる見通し。東京電力福島第1原発の80キロ圏外でのストロンチウム検出は初めて。

 マンション屋上にたまった堆積(たいせき)物を住民が採取し、8月に「同位体研究所」(同市鶴見区)で測定したところ、ストロンチウム90(半減期約30年)を1キロ当たり195ベクレル検出。9月中旬、市に連絡があった。

 横浜市は福島第1原発から約250キロ。ストロンチウムはこれまで福島市など80キロ圏内では検出されていたが、文部科学省原子力災害対策支援本部は「横浜での検出は確認中だが、検出されれば80キロ圏外では初めて」と話している。

 市は当初、ストロンチウムの検査は予定していなかったが、研究所の調査結果を受け、区内3カ所で測定を進めている。

 ストロンチウム90は文科省の3月下旬〜5月上旬の土壌調査で、福島第1原発から29キロの福島県浪江町で250ベクレル、36キロの飯舘村で120ベクレル、62キロの福島市で7.7ベクレル検出されている。【山下俊輔、杉埜水脈】

 【ことば】ストロンチウム

 半減期が約50日のストロンチウム89と同約30年のストロンチウム90がある。カルシウムに似た性質があり、体内に入ると骨に取り込まれやすく、骨のがんや白血病の原因になる恐れがあるとされる。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20111009-OYT1T00814.htm

外国人1万人に無料航空券…観光庁11億円予算

 募集は主にインターネットを通じて行い、応募者の旅行計画などが審査に合格すれば、日本への往復航空券を提供する。

 こうして来日する旅行者には、日本滞在中にインターネットで世界へ情報発信してもらう方針だ。日本国内の滞在が安全・安心であることを口コミで世界的に広げる効果を見込んでいる。旅行者にはこのほか、震災後の日本旅行についてアンケート調査をしたり、新たな日本旅行のモデルとなるような旅行プランを提案してもらったりする。事業費として、観光庁は12年度予算の概算要求に11億円を盛り込んだ。

 震災後、東京電力福島第一原子力発電所の事故もあり、海外の旅行者が日本を敬遠する状況が続いている。来日外国人数は、4月に前年同月比62・5%減まで落ち込んだ後、8月になっても同31・9%減の54万6800人にとどまった。

 その前の2010年には、前年比26・8%増の約861万人で過去最高を更新していた。政府は将来的に来日外国人数を3000万人に引き上げる目標を掲げている。

(2011年10月11日12時01分  読売新聞)





|

« いかづち隊員のヒトトキ 続  | トップページ | 10月10日 「除染に関する基本方針案骨子」に関して「本当ふざけた国」 小出裕章 »

あきれ果てる話」カテゴリの記事