« 新品PC | トップページ | TPP交渉に関して思ふこと »

2011年11月10日 (木)

すべてが嘘としか見えない民主党-- 演技ご苦労様

今朝やじうまに古賀茂明氏が出演し

「日本が潰れるような政策を進める総理ならなぜ内閣不信任案を出さないのか?出すわけがない、自分たちは徹夜でガンバつたポオズだけしてゐる」

と指摘してたが、ほんたうにその通りだ。

反対であり危機感を持つてゐるのなら不信任案を提出するとか行動すべきだ。

また、きのふやじうまにTPP反対派で出演した中野氏は「議論もせずにつッ走るのは民主主義否定」の旨の発言をされてゐたが、それにも賛成だ。

全く話が見えず、密室と独断で決まるのはよくない。しかもその決定が思ひッきり、ズレてゐるからには

ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ  

Thanksgiving Ride Turkey

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111110-00000108-jij-pol

野田首相、参加表明持ち越し=民主慎重派に配慮―TPP交渉

時事通信 11月10日(木)16時40分配信

 環太平洋連携協定(TPP)をめぐり、野田佳彦首相は10日午後、首相官邸で開いた政府民主三役会議で「(民主党の提言は)重く受け止めなければならない。1日考えさせてほしい」と述べ、同日に予定していた交渉への参加表明を11日に持ち越す意向を明らかにした。
同党の経済連携プロジェクトチーム(PT)の議論で参加への慎重論が多数を占め、党の提言が政府に「慎重に判断」するよう求めたことを踏まえ、表明を先送りした。
 
ただ、首相は12日からのアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で交渉参加を米国など各国に伝える意向は変えていないとみられる。藤村修官房長官は10日午後の記者会見で、TPP交渉への首相の姿勢について「『慎重に』というところを重く受け止めている。変化は感じていない」と述べ、政府筋は「首相の交渉参加方針は変わらないのではないか」と指摘した。
 
首相は11日に衆参両院の予算委員会で実施されるTPPに関する集中審議に出席した後、改めて政府民主三役会議を開き、方針を決定。関係閣僚委員会を経て記者会見し、国民に向けて決定の理由や今後の対応などについて説明する見通しだ。

|

« 新品PC | トップページ | TPP交渉に関して思ふこと »

あきれ果てる話」カテゴリの記事