« 自民党への疑問 | トップページ | ウジフジテレビの開き直り »

2011年11月11日 (金)

のこされた動物たち 福島第一原発20キロ圏内の記録 [単行本]

今朝、テレ朝のやじうまで↓この本の紹介とカメラマンのインタビユウを見た。

この写真が伝えるものに涙したのと、インタビユウで「餌をやつても、餌よりもスキンシツプを求める」ことに非常~な同感。

宅のいかづち隊員も、あまり可愛がつてゐないのに餌よりもスキンシツプを求める。スキンシツプを優先して、心理的に落ちついてから餌を食べ始める。

これは何なのだらう?

ねこ、いぬ、一見野生(野良)から考えると、人間にそんなに懐くのが不思議だ。野生でゐれば、人間などほとんど必要としない動物が一度人間と接するとスキンシツプへと発展する・・・ 

純粋といふか。・・・・・ Crying 2  

自分の欲と利益ばかり考えてゐる人間に比べて、なんといふ純粋な精神なのかと・・・

人間が一番醜いんだらうな

太田康介  内容紹介 http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AE%E3%81%93%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E5%8B%95%E7%89%A9%E3%81%9F%E3%81%A1-%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E7%AC%AC%E4%B8%80%E5%8E%9F%E7%99%BA20%E3%82%AD%E3%83%AD%E5%9C%8F%E5%86%85%E3%81%AE%E8%A8%98%E9%8C%B2-%E5%A4%AA%E7%94%B0%E5%BA%B7%E4%BB%8B/dp/4864101027

福島第一原発20キロ圏内で助けを待ち続ける、動物たちの写真集。

20キロ圏内で、動物保護のボランティアをするカメラマンが撮りためた、3か月に及ぶ記録。
無人の家で飼い主を待ち続ける犬、最後の力を振り絞って助けを求める猫…。
強く生きる姿も、助けられなかった命も、 動物たちの現状を、ありのままに伝えます。


【私は、ごめんよ、ごめんよ、と謝りながら写真を撮りました。私にできることは、写真を撮り、今起こっている現実を多くの人に知ってもらうこと。それしかできないのです。やがて怒りが沸いてきて、チクショー、チクショーと呻きながらシャッターを切りました。その怒りは、その怒りは、私を含めた人間に対してのものです。(本文より)】

|

« 自民党への疑問 | トップページ | ウジフジテレビの開き直り »