« 今更・・・ | トップページ | 映してあげてください、この顔 »

2011年11月15日 (火)

民主党は日本破壊だけでなく、人間としての信頼関係もなくしたいとよくわかつた

民主党が日本を崩壊させたいのは

外国人優遇
本来なら日本人のみに適用することを外国人にも適用して日本人の権利侵害

などで顕著になつた

しかし、まだある

民主党は、鳩山が沖縄の米軍基地を「県外」と計画もなくホザキ、普天間を「問題」として(普天間交渉録ではほとんど決まつてゐた移転案があつたのにも関はらず)

わざわざ

問題を作り出し米国に不信感を抱かせ

日米関係に亀裂をもたらした

そして

今回のTPPにても同様の「亀裂作戦」を展開した

これ、ウィキペディアで暴露してくれないかな~、米国が民主党政権について何を言つてゐるか

世界各国の首脳や政治家のあだ名は暴露されたが、民主の政治家のあだ名はまだ未発表だ。

さ、なんと呼んでゐるのか(るうぴいはNYTで明らかになつたがバカンと野ブタ)を明らかにしてくれ!

http://mainichi.jp/select/today/news/20111115k0000e030014000c.html?inb=tw

TPP:米声明は「正しい」 発言内容で大統領副報道官

2011年11月15日 10時31分 更新:11月15日 10時47分

 【ホノルル白戸圭一】12日の日米首脳会談で環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への交渉参加を表明した野田佳彦首相の発言内容を巡り、日米政府の説明が食い違っている問題で、アーネスト米大統領副報道官は14日の記者会見で、発言内容に関する米政府の声明は「正しい」と述べた。

 野田首相のTPPに関する日米首脳会談での発言を巡っては、米政府が会談後に「首相は全ての物品、サービスを貿易自由化交渉のテーブルに載せると述べた」との声明を発表した。しかし、この発言は、例外品目を残す可能性を示唆してきた首相の立場と異なるため、外務省は「発言の事実はない」と米側に抗議。外務省はその後、日本メディアに対して「米側も発言はなかったことを認めた」と説明していた。

 アーネスト副報道官は会見で「(米国の)声明は野田首相とオバマ大統領の会話に基づいて作成された」と述べ、声明を訂正する考えはないことを明らかにした。

|

« 今更・・・ | トップページ | 映してあげてください、この顔 »

あきれ果てる話」カテゴリの記事