« これが実態 | トップページ | ますごみが最低とよくわかる記事 »

2011年11月14日 (月)

民主党に投票した人はほんたうにご満足でせう

ほんたうのバカだ。自身が交渉に入れず決定した事項があるのに、なにをおホザキなのか?ほんたうにこいつは中韓のために日本で政治屋やつてるんだな。

だれこいつに投票した千葉県民!

http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819481E3E6E2E3868DE3E6E3E3E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;at=DGXZZO0195570008122009000000

首相「TPPは開かれている」 中国とも経済連携

2011/11/14 13:29
【ホノルル=佐藤理】野田佳彦首相は13日(日本時間14日)の内外記者会見で、環太平洋経済連携協定(TPP)に中国が警戒を強めていることについて「中国を含むアジア太平洋経済協力会議(APEC)参加国と連携していきたい。TPPはAPEC参加国に開かれている」と強調した。
TPP交渉参加9カ国:協定大枠合意と声明…首脳会合

2011年11月14日 11時23分 更新:11月14日 12時28分

 【ホノルル平地修】環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の交渉に参加する9カ国は12日朝(日本時間13日)、ハワイのホノルルで首脳会合を開き、協定の大枠合意に達したとする共同声明を発表した。オバマ大統領は会合で、来年中の最終合意を目指す意向を示した。

 声明は「この画期的な協定をできるだけ早く決着させるため全力を尽くす」と表明。来年中の決着に向けて、12月に各国の交渉チームによる会合を開催し、来年の交渉日程を決めるとしている。日本をはじめ交渉参加に関心を示す国については、「将来的な参加を容易にするため協議を続ける」と表明した。

 オバマ大統領は大枠合意を受けて、「TPPは参加国の経済を押し上げ、米国の輸出倍増計画の助けになるだろう」と表明。「私はこれをやり遂げる自信がある」と、最終合意に意欲を示した。

 ただ、今回の大枠合意は、9カ国による過去9回の交渉の進展内容を首脳たちが確認する意味合いが強い。声明は「国によって異なる繊細な問題がある」として、一部で交渉が難航していることも指摘。「大枠合意はオバマ政権が成果を誇示するための政治的なメッセージ」との見方も出ている。

 TPPはアジア太平洋地域の貿易自由化に向け、関税撤廃のほか、サービスや投資、規制や中小企業、環境など、広範な分野を対象とし、「将来のモデルとなる21世紀型の協定」を目指している。

|

« これが実態 | トップページ | ますごみが最低とよくわかる記事 »

あきれ果てる話」カテゴリの記事