« 共同ニュースッて「隠れフジテレビ?」 | トップページ | いつもながらの大正論 »

2011年11月 6日 (日)

ほんたうに、驚くよな

まだ、こんな話してるのか。 ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ

ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

民主党が最低なのはよくわかる。

しかしここで言ひたいのは、

阪神淡路大震災で同様の経験をしてゐながら、「震災」に対する法整備を行なつてゐなかつた政治家全員の大罪だ。

政治家は、震災でガレキの下敷きになり、助けがこないまま数日すごし餓えと寒さ(熱さ)に苦しみ、民主社民は自衛隊の助けを待ちわびながら死ね。

http://www.47news.jp/CN/201111/CN2011110601000156.html

自公が復興庁の権限強化要求 民主は「柔軟対応」

 自民党の岸田文雄、公明党の漆原良夫両国対委員長は6日のNHK番組で、今国会に提出されている復興庁設置法案について、復興庁の権限強化が必要だとして修正を要求した。民主党の平野博文国対委員長は柔軟に対応する考えを示した。

 岸田氏は「各省庁の縦割り行政の弊害を排し、スピード感を持って対応するには政策実行権限を持たせないといけない」と強調。漆原氏も復興庁に必要な権限として「総合調整、企画立案、実施」を挙げ「設置法では実施が抜けている。これでは画竜点睛を欠く」と指摘した

|

« 共同ニュースッて「隠れフジテレビ?」 | トップページ | いつもながらの大正論 »

あきれ果てる話」カテゴリの記事