« けふのお夕食 | トップページ | 頭が無いことが、ものすごくよくわかる、民主党の「政策と言ふ名のバラマキ」 »

2012年3月26日 (月)

試験問題を見た

この件、試験問題をおにゅうす番組で見た。

呆れることに、設問は日本語だつたが選択回答に英語のルビが振ッてあつた。

(・_・)エッ....?

合格したはいいが、医師が日本語で書いた回答選択にある日本語単語、理解できるのか?

しかも今後、ひらがななどのルビを振り、さらに「支援」するらしい。

医師が日本語で殴り書きのやうな走り書きした日本語のカルテ、日本人でも読めないやうなカルテ、

読めるのか? 対応できるのか?

ほんたうにバカだ、厚労省の発想は。

そんな「お情け」合格しても、全然患者と周りの看護師他のためにならないんだよ!!

足引ッパルことするな!!

看護師が足りないのなら、その理由を分析して日本人の看護師が就職および復帰できる環境を整えるべきだらう!!

なんでもかんでも「賃金の安い外国」から調達しやうとするな!!

日本語が通じなくて、最終的に命にかかはるもしくは苦労するのは

患者

死ね、厚労省役人

ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・;

http://www.excite.co.jp/News/society_g/20120326/Kyodo_BR_MN2012032601000837.html

看護師試験に外国人47人合格 EPAで来日、昨年の3倍

2012年3月26日 17時37分            (2012年3月26日 18時31分 更新)                

 厚生労働省は26日、経済連携協定(EPA)に基づいて来日したインドネシアとフィリピンの看護師候補者47人が、第101回看護師国家試験に合格したと発表した。昨年の前回試験の合格者16人から約3倍と大きく増え、合格率も11・3%で前回に比べ約7ポイント上昇した。特例措置で、当初3年の在留期間が1年延長となった2008年入国のインドネシア人候補者は、27人が受験して8人が合格した。

|

« けふのお夕食 | トップページ | 頭が無いことが、ものすごくよくわかる、民主党の「政策と言ふ名のバラマキ」 »

あきれ果てる話」カテゴリの記事