« やはり売名と日本人への嫌がらせだつた | トップページ | 今読み始めた本 »

2012年3月29日 (木)

正直驚いた話

http://hiroakikoide.wordpress.com/2012/03/29/tanemaki-2012mar28/?utm_medium=twitter&utm_source=twitterfeed

上記には、2つの録音記録が掲載されてゐる。

たねまきジヤアナルといふラヂオ放送の録音であるが、ここには毎回京都大学助教の小出氏をゲストに迎へ、政府の原発に対する発表に対する小出氏の考へその他を質問形式で放送してゐる番組の記録である。

今回のこの、放送には、正直驚かされた。

福島県二本松市で農業を営む男性が出てきたが

この人は、二本松市が放射能汚染にさらされてゐても、それを承知で農業をやりたいのだと言ふ。

そして、

「食べる農業支援ではなく、食べない農業支援をしてほしい」と言ふ意見だつた。

意味がわからなかつた。

元々、放射能汚染されてゐる飲食物は購入を避けられてゐる。

そして、福島県はぢめとした東北地方の人々が「東北のものを買はずに他県のものを購入してゐる、しかし東北で農作物を作つて他県に売つてゐる」ことも公の事実である。

その県の人が

放射能汚染を承知で、先祖代々続けてきた農業を続ける。しかし食べることで支援するのではなく、食べないことで支援してくれ、農業をこんな地でやつてゐるとわかつてほしい

と主張する、その意味とどんな支援を要するのか全然わからなかつた。

その前に

この人は、放射能汚染がどんなものか理解してゐるのか??

頭が混乱した

それに、「食べないことで農業・生産された農作物を支援しろ」とは何を要求してゐるのか?? (具体的発言はない)

はつきり言へば、国の無策のツケだと思ふ。

国がきちんと、「居住できない地域」として宣言し、移住先を示して次の土地で活動できるやうにしてゐれば、こんなことにならないかもしれない。

しかし、国(民主党)は何も方向を示さず、ただ「危険度を上げます」と言ふ。汚染度が**だと言ふ。

だから、何?

の世界に一番被害を受けるのは農業・漁業の人たち。

国が、方向性と移住先を示して「今後の生活の基盤」を提供してゐれば、もふ少し違ふのかもしれないが。

(まあ、放射能汚染の土地であへて農業をしてゐる人を支援してくれといふ発想は国がいくら移住政策を決めても残る人なのかもしれないが)

殺伐といふか、呆れたといふか、そんな気持ちになつた。

国の無策が生んだ弊害と、放射能汚染に関する正しい知識をきちんと発表しない国の犯罪、そして、汚染がだうなのか意識せずに「その汚染地に残り農業をする、それを支援して」と言ふ人の意識と

正直、全部わからない。

自分なら

農業は別の地でやるけどな・・・・ その分、国に賠償を求める等なら理解できるのだが人体に有害な農作物を作り、売れないものを作り、でも農業をする、それを支援してッてほんたうにわからないので、お好きにだうぞと思つた。

とどのつまり

人が集まる地に建設できなかつた「安全な原発」

これを疑つて拒否しなかつた、もしくは巨額な支援金で相殺した、わけなので

お好きにだうぞ・・・と思ふ。 

さらに言ふと、東京にやたら出てくるこの地域の人たちのおかげで、東京に電力が必要なのではないの? 

何もなければ東京に出てきて、人口過密と公害をもたらす。しかし何かあると東京が要請したからと東京のせいにする。

こんな地方が、あたくしは大嫌いです。

東京湾の、お魚が海が汚くなつたせいで生産量が減つたのはあなたがたが出てき始めたから。

なのに 「東京の海は汚い」「東京の魚はまずい」

嗚呼さうですか

今、少し、自分たちの海が汚れて 東京の漁師がどんな風に思つてきたか知つてください

これくらい、言ひたいよな。

そして、東京に原発持つて帰れと言ひつつ、東京に出稼ぎにくるこの地方の人

呆れてゐました。

どこまで自分勝手なの。 あーたがたが「出稼ぎ一時定住」しなければ、きつと原発は必要なかつたと思ひますよ。人口ゐないんだもん。

|

« やはり売名と日本人への嫌がらせだつた | トップページ | 今読み始めた本 »

だうでもいひ話」カテゴリの記事