« 地震もないのに停まる原発 (これで核セキユリテイとは笑はせる) | トップページ | 意味がわかりません »

2012年3月27日 (火)

最初からバレてゐた、「収束宣言」の大嘘

No No No

やはり・・・といふか、

あの宣言の時に「こいつほんたうにバカか」と思つてゐたけれど

これですか。

収束してないんですが、今後だうするんでせう? 野田さん、お答へください。

そしてこんな状態なのに、まだ

「再稼働」

を延々ホザゐてゐる政治屋は首くくッて死ね。 論外だ!

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120327k0000m040087000c.html

福島第1原発:2号機の水位 底部から60センチのみ

 東京電力は26日、福島第1原発2号機の格納容器内を内視鏡で見た結果、水位は底部から約60センチしかないと判明したと発表した。原子炉への注水量から東電が予想していた水位より約3メートル低かった。格納容器下部の圧力抑制プールが破損し、原子炉建屋地下に漏れている可能性が高まった。

 内視鏡による調査は今年1月に続き2回目。前回調査では水位が確認できなかったことから、再調査した。格納容器側面にある配管開口部から内視鏡を挿入し、ケーブルを垂らしていったところ開口部から約7メートル下に水面を確認した。

 格納容器内の水温は約48.5~50度で推移していることから、東電は底部に落ちたとみられる燃料は水で冷やされていると判断している。たまった水は透明だったが、黄色い堆積(たいせき)物がもやのように舞っているのが確認された。溶融燃料の可能性は低く、砂やさびとみている。

 水位60センチは、格納容器と圧力抑制プールをつなぐベント管の位置まで水が達していることを意味する。圧力容器には冷却のため毎時約9トンの水を注入しているが、圧力容器下部に開いた穴から格納容器に漏れた水が、圧力抑制プールの損傷部を通じて漏れている可能性が高いという。これまで圧力抑制プールに大規模な損傷はないと主張していた東電は「今の段階で損傷程度を推定するのは難しい」としている。

↑ すべてが嘘の会社、東京電力。さすが嘘を平気で吐く政治屋の子息子女がゐるだけある。

 ◇高濃度汚染水、海に0.08立方メートル流出か

 また、東京電力は同日、同原発の放射性汚染水の塩分除去装置の配管から高濃度の放射性物質を含む水が漏れ、海に流出したと発表した。漏れたのは約120立方メートルで、うち約0.08立方メートルが流出したとみている。← 「こんなことがわかりました」と発表してゐる場合なのだらうか? もふ、呆れて言葉が出ない 漏れたのは汚染水から取り除いた塩分や放射性ストロンチウムを含む濃縮塩水で、濃度は1立方センチ当たり約14万ベクレル。【岡田英】

毎日新聞 2012年3月26日 21時11分(最終更新 3月27日 1時03分)

|

« 地震もないのに停まる原発 (これで核セキユリテイとは笑はせる) | トップページ | 意味がわかりません »

あきれ果てる話」カテゴリの記事