« 春きやべつとじやがいも・・・ | トップページ | ふうむ・・・ »

2012年3月17日 (土)

平成中村座 三月大歌舞伎

六代目中村勘九郎襲名披露

けふ、昼の部に行つた。 (ちなみに、夜の部は13日の平日に行つた)

昼の演目:

壱、 歌舞伎壱八番の内 暫

弐、 一條大蔵譚 (いちぢやう おおくらものがたり)
    檜垣
    奥殿

参、  舞鶴雪月花 (ぶがくせつげつか)
    上の巻 さくら
    中の巻 松虫
    下の巻 雪達磨

まあ、あたくしが参上ゐたしましたのは、海老様がご出演なさるからなんですけどね

( ̄▽ ̄)

暫 は弐度ほど拝観したことがあり、今回で参回目と思はれるのだが。

好きな演目の一つだ

なにしろ、鎌倉権五郎のいでたちがすごい。最初に出てくるいでたちから、舞台に移動し弐度ほど「衣装の下の衣装」を表すのだが

すごい・・・ よく考へたな、このいでたち・・・ と感心する。

そして、高下駄を履いてゐるので、あの高下駄とあの重い(30キロくらいある??)いでたちと、あの袖と・・・

を見ると、あの姿で花道に出てきて歩き、さらに舞台へ行き型を決めるといふ、その一連の動きにつくづく感心するのである。

鎌倉権五郎のいでたち (最初の登場のいでたち) 

Cimg2705

舞台にあがり、弐度目の衣装変えのいでたち

Cimg2706_2

E0190356_18155890_3

歌舞伎を見るたびに、日本人独自の美的感覚、色彩感覚、発想に驚かされるのだが。

鎌倉権五郎のいでたちは、その最もたるものといふ気がしてならない。

よくまあ、これを思ひついたものだ・・・・ ひたすら感心する。

この髪の形、髷、けわい(化粧)、衣装、セリフ・・・

荒事の中に、茶目ッ気がありそれもこの演目を好きな理由だ。 しかも、また海老様のすね方が可愛ひ 

(* ̄ー ̄*)

最後に鎌倉権五郎が掛け声を発しながら退場するのだが。

つくづく思つた、歌舞伎役者になる人は 「顔が決まつてる」んだな・・・・

鎌倉権五郎を演じるにふさわしい顔がある。その顔をして生まれてくるんだな・・・と。

あの顔以外が鎌倉権五郎を演じるのは、まだ観てないけどなんか違和感がある。

鎌倉権五郎の乱暴な台詞、市川家の芸風と言はれる「荒事」の代表のやうな鎌倉権五郎を演じる顔がある。

そんなことを感ぢる時間だつた・・・ なんだか、感動してゐた・・・・

。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

夜の部も同様だつたが、昼の部も最後の演目は舞台奥の壁が開き、外が見える。美術のセツトが外にも作つてあるのだが、前のはうの席は正面にスカイツリイが見えて、江戸の風景と現在の風景が合致するといふ嗜好だ。

・・・ 勘三郎さんの発想はいひな

面白いよ。 赤坂歌舞伎の時も思つたけど、この人自身がものすごく歌舞伎を楽しんでゐる感がある。

自身が演じながら愉しみ、人を愉しませる、それを考へてゐるので美術や舞台の仕掛けが面白いものになる。

根ッからの、エンタアテイナア なんだらうな・・・・

|

« 春きやべつとじやがいも・・・ | トップページ | ふうむ・・・ »

文化・芸術」カテゴリの記事